« 懐かしいな! | トップページ | 内圧コントロールバルブ! »

2009年6月17日 (水)

騒音規制!

サーキット走行での騒音規制が、厳しくなって

きました。

毎度、お世話になっている、BMC走行会(トミン

サーキット)での事です。

レギュレーションで、100デシベル以下!

100デシベル以下と言っても、どこで測定すれば良いのか

記載されていませんでしたので、トミンサーキットに

問い合わせました。

測定方法は、

最高出力75%の回転数の音量。

シングルは、プラス1000回転で、100デシベル以下。

陸運局一般車検の、騒音測定は、

最高出力50%の回転数の音量で、平成13年以前生産車が

99デシベル、平成13年以降生産車が94デシベル以下と

なっています。

ハヤシカスタムチタンオーバルマフラーの音量は、

最高出力50%の回転数の音量で92~95デシベルです。

SRXは、平成13年以前生産車ですので陸運局一般車検には、

合格します

ヨシムラサンパーも同じぐらいで、オーバー製マフラーは少し

大きめの音量となりました。

(グラスウールの抜け状態で異なります)

回転数が上がれば、音は大きくなりますので

陸運局一般車検での、音量規制より厳しくなるとトミン

サーキットでのマフラー交換車両の、走行は厳しくなりますね!

Photo

単気筒のアクセルオン時の

衝撃音は、

4気筒・2サイクルより

遠くに響くそうです。

オートバイに興味の無い人が、

休みの日に一日中バォー・バォー

聴かされたら、文句の一つも言いたくなりますね~

何か良い方法は無いものか?

サーキットでノーマルマフラー、公道でカスタムマフラー?

ナニか、変ですよね~

|

« 懐かしいな! | トップページ | 内圧コントロールバルブ! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

ヨシムラのサンパーで車検が通りそうでほっとしました。某自動車メーカーで車外騒音関係の仕事をしているもので、徐々に厳しくなっていく騒音規制には頭を悩ませております。4輪の場合だけかもしれませんが、規制値は同じでも、欧州では測定条件が異なり、日本より厳しくなっております。自動車がこの世に存在する限り、規制値に追われる日々は続きます。


羽村のおっさんビギナーライダーさん
ハヤシです。
これから発売される、4輪車・2輪車はメーカーさんは
排ガス・騒音規制が大変ですね。
2輪空冷車は騒音規制の方が大変らしいです。
もっと大変なのは社外マフラーメーカーですね。

投稿: 羽村のおっさんビギナーライダー | 2009年6月20日 (土) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懐かしいな! | トップページ | 内圧コントロールバルブ! »