« 雨さえ降らなければ! | トップページ | エンジンオイルの管理! »

2010年9月28日 (火)

ヤマハXT500エンジン分解!

先日のSRミーティングにXT500オーナーの

MKさんが見えまして、車体の仕上がり具合の

写真を見せて頂きました。ホイールが出来れば

車体はほぼ完成!

エンジンの作業も進めないといけませんね。

ですので、XT500エンジン分解です。

01  

ブラスト・ブラックペイント加工済みのXT500

エンジン。作業台に載せて分解の始まり・始まりです。

02 03  

写真では見難いのですが、エキゾーストのバルブ頭が

磨耗しています。

ロッカーアームも良い状態では、ありませんでした。

04 05  

シリンダーヘッドとシリンダーを取り外したところです。

目視でピストン・シリンダーの磨耗をチェックします。

ピストンリング・シリンダは磨耗していました。

この段階で、ピストンを取り外しクランクシャフトの

振れをチェックします、問題なし。

06  

XTとSRの違いは、XTはポイント点火ですので

ポイントカム取り出しのシャフトがXTには

付いています。

右側ギアから出ているシャフトがそれです。

07 08  

クラッチなど取り外し、クランクケースの分解です。

ミッション・クランクシャフトを取り外して、

分解終了です。

後は、各部品の点検をして悪いところは修正・交換です。

09  

小物類は、箱に入れて解りやすく整理しておきます。

 

エンジン分解、依頼されたエンジンは同じように

作業を行います。

組み立ては、ノーマルエンジン仕様とチューニング

エンジン仕様とでは組み立て工程が違います。

お客様と相談しながら作業を進めます。

 

|

« 雨さえ降らなければ! | トップページ | エンジンオイルの管理! »

SR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨さえ降らなければ! | トップページ | エンジンオイルの管理! »