« 珍しいモノがありました! | トップページ | サスペンションベストセッティング? »

2011年6月 3日 (金)

私の使用しているグリース!

私はグリースの専門家でないので、経験上の話です。

Photo  

私が使用しているグリース、今は10種類!

(写真にはカップグリースが写っていない)

各部分によって使い分けています。

Photo_2  

一番多く使用するのが、普通のベアリンググリースです。

ベアリイグはもちろん・オイルシール・ベアリングなどの

圧入などいろいろです。

左側が、軟らかいグリースでホイールベアリングなど、

あまり圧力の掛からない所に使い小さな缶に小分けして

使用しています、右側ヤマハGグリースは、圧力の

掛かるところ ニードルベアリングなどに使用します。

ステムシャフトベアリングは、軟らかい方のグリースを

使用しています、ハンドリングが軟らかい方よいので!

Photo_3  

ゴム類などに使用するグリースです。

写真中、モリコートEM-30Lリヤサス・フォーク

オイルシールなどに使用、これも小さな入れ物に入れて

使用しています。

左側は、新に頂いたフォークなどサスペンションの

スライド部分に使用するグリースで、使用目的は

EM-30Lと同じです。

右側は、シリコーングリースでゴム類に使用しています。

Photo_4  

ネジ類のかじり防止グリースです。

写真左側は、モリコート1000 エンジン組み立て時

ねじを洗った後、薄く塗布して締め付けています。

これも小さな入れ物に入れて使用しています。

右側は、ネバーシーズ ネジ類のかじり防止グリース

ですが、高温に強くエキパイボルト・ナットなど

高い温度が掛かる所に使用します。

Photo_5  

モリブデングリースです。

モリブデングリースは、馴染ませる所に使用しています。

左側が、ワコーズモリブデングリースで右側が住友

高級モリブデングリースです。(あまり使わない)

 

後、ブレーキキャリパー・マスターシリンダー分解時に

使用する、カップグリースがありますが、シールキットに

付いてくる物を使用し、付いてこない時は

ワコーズカップグリースを使用しています。

 

グリースの塗布の仕方は、多すぎてもダメ・少なすぎてもダメ

適当がよいのです、経験ですね!

 

 

|

« 珍しいモノがありました! | トップページ | サスペンションベストセッティング? »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍しいモノがありました! | トップページ | サスペンションベストセッティング? »