« お知らせ! | トップページ | バリーシーンのメカニック! »

2012年1月17日 (火)

修正加工!

09  

SRXアッパークラウン メインスィッチ取付け部

ネジ折れ込みです。

折れ込んネジ(M6)センターに、ポンチをウチ

初めは、3ミリのドリルで下穴をあけます。

この時点で、逆タップで折れ込みネジの取り外しに

挑戦します。うまく取り外せればラッキーです。

 

外せない時は、M6の下穴5ミリより少し小さい

4.8ミリぐらいのドリルで穴あけ、

真っすぐに、ずれないように注意深く作業を

致します。

皮一枚で、ネジが残りますので、M6タップで

さらって終了です。

11  

どうです、上手でしょう!

 

次は、キャリパーサポートなどの、再加工です。

通常は、フライスでの再加工ですが、旋盤でも

加工できます。

Photo  

200Φぐらいの丸プレートにネジを立てておき

写真のように冶具を使用してセンターを出しておきます。

後は、穴クリバイトで、希望の寸法に加工して終わりです。

いろいろ工夫すると、旋盤でもいろんな加工が

出来ますよ!

 

|

« お知らせ! | トップページ | バリーシーンのメカニック! »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

ネジ残り、なやましいですねぇ。
精密機械の修理を仕事にしている関係上、
M3以下で同じ作業をすることがあります。

M1.7が最少記録かなぁ。
上手く取れると、ちょっと嬉しいですね。

信号わたる~さん ハヤシです。
小さいネジ難しいですね。
オートバイは小さいネジでM3が最小かな!
ほんと、上手く取れると、ため息と見入ってしまいます。

投稿: 信号わたる~ | 2012年1月20日 (金) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせ! | トップページ | バリーシーンのメカニック! »