« モダンビックシングル! | トップページ | 旋盤でネジ製作の話! »

2013年5月26日 (日)

PDバルブとは?

PDバルブに興味を持っている方が多いので!

0  

PDバルブは、YSSと言うサスペンションメーカーの

製品です。レーステックのカートリッジイミレーターと

同じ構造なので、加工説明はレーステックのテキストで。

レーステック製が入りにくいので、YSS製のPDバルブを

使用します。価格も安いし!

7  

写真図 ダンパーロッドタイプ(点線)とカートリッジタイプ

(バルブタイプ実線)で示すように、ダンパーロッドタイプ

(SR・SRXなど普通の正立フォーク)とバルブタイプでは

圧側ダンピング性能が逆になります。

ダンパーロッドタイプはオイルが穴を通過する抵抗を利用しての

ダンパーです。

注射器をゆっくり押すと抵抗は少なく、強く押すと抵抗は増えます。

写真図点線は、フォークストロークスピードが遅いと抵抗は少なく

ストロークスピード速いと抵抗が大きくなることを示しています。

バルブタイプでは逆で、フォークストロークスピードが遅いと

バルブが開かないので抵抗が有り、ストロークスピード速いと

バルブが開き抵抗が逃げるので、図のような曲線になるのです。

1 2  

ダンパーロッド圧側穴の抵抗を無くすために、穴の数を増やし

大きく(Φ5~Φ8)の加工するのです。

3 4  

フォークスプリングがバルブ穴に干渉するところを、

リューターで加工いたします。少しでもオイル抵抗を

無くすための加工です。

PDバルブ厚み分をカラー加工してスプリングにかかる

プリロードを調整します。

6  

伸び側ダンパーは、写真の小さな穴の抵抗で作動しています。

抵抗の強弱調整は、オイルの硬さ(番定)で調整します。

ダンパーロッドタイプですと、オイルを硬さが圧・伸び

両方に影響します。

バルブタイプですと、圧側のパンピングがスプリングで

調整できますので、圧・伸び別々に調整できるのです。

5  

後は、ノーマルと同じ要領で組み立てていきます。

レーステックテキストですと、オイル番定・オイル量は

ノーマルと同じと指定しています。後はお好みで!

 

取り付けて走行しても大きく変わったことは、分かり難いと

思います。ベテランライダーの方が(変化に敏感なライダー)

沈み込んだ時の動きが良いと言っていました。

ダンピングの性格が逆に変わりますので、変化は有ると

思います、それがフォーク性能限界時に良さが出ると

正解なのですがね~

 

Photo  

明日のお休み、梅雨入り前にXT500でツーリングか?

TZR50R改で白糸スピードランド走行練習か?

迷っているところです。

TZR50Rには、PDバルブを取り付けて、SSU走行会で

ウエットでの走行でしたので、PDバルブの効果が

分かりませんでしたので、ドライで走ってみたいですね!

限界性能テストで白糸かな?

 

 

|

« モダンビックシングル! | トップページ | 旋盤でネジ製作の話! »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モダンビックシングル! | トップページ | 旋盤でネジ製作の話! »