« SR500中古車とメンテナンスの話! | トップページ | SRXタンク錆び! »

2013年8月11日 (日)

モノ作り!

Photo  

白糸スピードランドで、カートデビューの女の子

ピットロードでアクセルオン・オフの練習後、コース走行

1回目は写真のように暴走しないように、ロープを繋いでの

走行、2回目走行から1人で走行していました。

 

只今!ショーモデルのお仕事の依頼を受けて製作中です。

モノを製作するには、

デザイン・設計・材料・機械・技術が必要となります。

デザインは依頼主がだいたい決めてきます。

この後が、ハヤシカスタムの仕事になります。

024  

図面作成して材料を選びます、強度や溶接する所など

考えて選びます。

溶接する所は、焼きが入る材料やアルミではジュラルミンは

使えません。

パイプなど曲げる加工は専門のベンダー屋さんに注文します。

Photo_2 1  

アルミタンクの製作も、溶接に適した材料(A5052)を

選び、旋盤加工・シャーリング加工・プレス曲げ加工・

ティグ溶接加工でやっと製作する事が出来ます。

ハヤシカスタムには、シャーリング加工・プレス曲げ加工が

機械が無く出来ません!

今回は、藤竹金属工業所(藤金さん)で製作させて

いただきました。

さすが、藤金さん手際よくさっさと溶接前までの

作業をこなしていました。(ここで技術が必要になる)

溶接作業は、藤金さんに教わりながらの作業です。

(藤金さんがほとんど溶接した)

ただ、溶接するだけの私と、ビートをいかに均一で

綺麗な溶接をする藤金さんとは、品物の価値が変わって

来ます。

モノ作り!簡単にはいきません、そこには経験と技術と

センスが必要です。

いくつになっても勉強です!

243  

TZR50RにYSS製のPDバルブを使用した報告を

しましたが、結果の報告がまだでした。

275 285  

白糸スピードランドにての走行です、新に製作した

ご自慢のリヤサスは、オイルシール不良でオイル漏れ

(レーステック製なのでパーツが無い)

しかたなく、TZ50リヤサス改での走行でした。

今までは、タイムを詰めてくると前後のタイヤが

ダダと跳ねる様に滑っていましたが、今回はリヤのみ

ダダと滑りフロントには滑りは感じませんでした。

と言う事は、PDバルブの効果が出ているのではないかと

思われます。

走行に来ている車両のすべてに、良いリヤサスが

取り付けて有ります。

早く新しく製作したリヤサスを直して走行予定です。

 

 

 

|

« SR500中古車とメンテナンスの話! | トップページ | SRXタンク錆び! »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SR500中古車とメンテナンスの話! | トップページ | SRXタンク錆び! »