« 挨拶と相談! | トップページ | シングルキャブレター仕様! »

2014年1月26日 (日)

SRリヤハブ交換!

自分で、整備・修理・分解など行なうときは必ず

メーカー発行のマニアルを用意しましょう。

マニアルを参考にして、構造・各部品の役目などを

理解して作業しましょう。

構造・部品の役目など理解しないで行なうと・・・・

失敗します。

失敗例たくさん見たり聞いたりしていますからね!

 

SRのリヤブレーキドラム(リヤハブ)は減ります。

早いもので、数万キロで10万キロも乗れば必ず

減って、ブレーキ調整範囲を超えてブレーキが効かなく

なってしまいます。

1_2  

写真は10数万キロ走ったSRです、ブレーキが効かなく

危ないのでリヤハブの交換です。

2  

ホイールからタイヤを外して、スポークニップルを

外してリム・ハブを別々にします。

5 6  

分解した部品は、点検洗浄して組み立てやすいように

して置きます。

右側の写真が交換する部品です。

3 4  

スプロケットが付いているハブクラッチも、洗浄して

組み立てます。

グリスはグリスニップルからここに出てきます。

古いグリスが押し出されています、組み立て後

ニップルからグリスアップを忘れずに。

7  

ハブにベアリングを圧入します、ハブ内側と

ベアリング外側にグリスを塗って入れやすく

します。圧入にはプレス機を使用します、ハンマーで

叩いても圧入出来ますが、プレスで圧入の方が

失敗はありません!

8  

新しいハブにリムを組み付けて、振れなく組付けます。

メーカー振れ限度2ミリ以内(縦・横)です。

今回の振れは、縦0.8ミリ・横0.5ミリに

納まりました。

使用したリムですとこんなものですかね!

9  

作業終了してリヤハブが綺麗になり、ブレーキも

良く効くようになりました!

 

 

 

|

« 挨拶と相談! | トップページ | シングルキャブレター仕様! »

SR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挨拶と相談! | トップページ | シングルキャブレター仕様! »