« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月29日 (金)

本日仕事納めです!

12月29日本日仕事納めです。
今年は、オートバイで良く走りに行きました。
先ずは、クラブSRXマンスリーに参加させていただき、
ハヤシカスタムのお客様も、多数参加して楽しい
ツーリングライフを過ごせました。
来年も参加させていただきます。
それと、サーキット走行にも良く行きました。
TZR50RとHCSRX500Rの二台で、白糸スピードランドを
メインに走りました。
二台とも目標タイムは、達成できませんでしたけど、来年
TZR50Rはエンジンオーバーホール・タイヤ交換して
HCSRX500Rは、基本整備とタイヤ交換で、二台とも
早々に目標タイム達成を、期待しております。
今年も後少し、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

Photo  
外注のボーリング屋さんが年末で忙しかったのか
やっとボーリング加工などが、完成して手元に到着
しました。
二台のSRXエンジンオーバーホール作業です。
来年早々組立を行います。
1月1日は、大山にて初日の出を拝む予定です。
でわ、良いお年を!



| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

NAGさんのねこ足です!

Nag2  
NAGさんの、フロントフォークバルブ仕様の
NDSコンプリートセットねこの足のようにショックを
吸収する通称ねこ足です。
Nag7 Nag4  
フロントフォークを分解清掃して取り付けます。
Nag6  
ねこ足の良いところは、スプリングのプリロードを調整と
フォーク内のエアー圧の調整が出来る事です。
もちろんほかにも、フォークがスムースに動くよう
工夫が有ります。
Nag3 Nag5  
サスペンションは、人それぞれ 体重・テクニックなどで
セッティングが変わってきます。
それと、敏感に違いを感じる人。
私は、敏感ではなく普通だと思います。(鈍感ではない!)
何か、いい足まわりのように感じると思うことはあります。
スプリングのプリロードを15mmかけることが出来ます。
エアー圧をかけることにより、フォークが沈んだ時の
硬さ調整もできます。
Nag8  
エアー圧調整の必需品エアーゲージです。
走行テスト(ツーリングでもよい)時に、エアー圧を変更して
自分に合ったところを見つけるのもいいですよね~
低圧エアーゲージハヤシカスタムでも購入できます。


| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

ハイコンプレッションSRX400エンジンを作る 続き!

ハイコンプレッションSRX400エンジンを作る!の続きです。
1  
大昔、レースに参戦していたころ、ワイセコピストンをピストンを
組み付けました。
ピストンリングの合い口クリアランスが無く、ピストンがシリンダーに
組み付けられない事があり、旧車専門の友達に相談すると
『ピストンリングを、削って調整するんですよ、旧車の世界では
常識です』との事!
ダイヤモンド砥石(回転する工業用グラインダー)で削ったところ
削りすぎて、オイル上がりとなり、予選中に黒旗を振られとことが
有りました。事情を説明してレースには出場できました。
写真のように、合い口のクリアランスが少なすぎます。
2  
砥石で少しづづ削って調整します、合い口クリアランスは
0.3~0.5mmです。写真のように調整します。
3  
ピストンにもWPC加工をしてあります、シリンダーを組み付けて
後は、シリンダーヘッドの組み立てとなります。



| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

ハイコンプレッションSRX400エンジンを作る!

オリジナル400用ハイコンプレッションエンジンを制作中です。
エンジンコンプリートで販売する予定です。
クランク・クラッチ・スタータなども点検・修正します。
SRXはクラッチの切れが悪く、他車と比べると信号待ちの時
ニュートラルに入れにくいと、よく言われます。
岐阜のNAGさんに教えて頂いた修正で、ある程度は解消
できます。
1 2  
クラッチプレートを押すプッシュロッドにガタが有るとクラッチ
の切れが悪くなります。
ロッドに溶接して、ミッションシャフトの内径に合わせて加工
します。
3 4 5  
クラッチプレートの間に入っているスプリングが、クラッチボス
に、キズを付けていました。
ここも修正します。
6  
これで切れの良いクラッチの完成です。


| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

リヤブレーキテスト!

朝、外のバケツに氷が張っていました。
1  
白糸スピードランドにリヤプローティングシステムブレーキを
テストしてきました。
朝一走行では、路面・タイヤ温度が低いので、先ずは
タイヤを暖める走行です。
2  
タイヤも暖まりテスト開始です。
タイヤが暖まらない時点では滑っていましたが、グリップが
確保できると、リヤタイヤがロックする事なく、グ~とスピードを
コントロールできます。
マスターシリンダー径Φ数も小さくしたのが正解で、ブレンボ
カニでは、初めての良い感じの効きかたです。
Photo  
タイヤもスリップライン近くで、気温・路面温度が低い
条件で、ベストタイム0.2秒落ちでの走行タイムでした。
白糸スピードランドは、フロントブレーキよりリヤブレーキで
スピードコントロールするので、良い感じで走行できました。
販売は、キャリパー・マスター・ホース別での販売予定です。
価格は税抜30.000円ぐらいですかね~
ご予約お待ちしております。
ご注意
ノーマルマフラー・ヨシムラサンパーには付けられません!



| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

ブレンボカニキャリパーを取り付ける!

寒いですけど、AM9時ごろからPM3時ごろまでの
軽めのツーリングはいかがですか、三浦半島とか!
今回はブレーキのお話です。
08  
SRXのリヤブレーキは、タイヤがロックし易いですよね!
エンジンブレーキが、多気筒エンジンより効く!
キャリパーステーがトルクロッドで、スイングアームに
直接取り付けている!
トルクロッドがスイングアームに直接取り付けていますと
ブレーキをかけた時、サスペンションの動きが悪くなり
なおさら、ロックしやすくなります。
そこで、トルクロッドをフレームから取る事にしました。
01 03  
キャリパーは、ノーマルキャリパーより効きの甘いブレンボ
カニΦ34を選びました。
カラー類の寸法を出して、製作します。
04 07  
その他必要な部品です。
写真上右のブーメランのような部品は、フレームに
取り付けて、トルクロッドを取り付けます。
05  
マスターシリンダーは、キャリパーのピストン径が小さく
なりますので、Φ14からΦ12.5(TZR50R用)に変更
しました。
06  
HCSRX500Rに取り付けて、白糸スピードランドで
マスターの具合・効き具合・コントロール性など
走行テストしてきます。
結果は後日お知らせいたします。
お楽しみに!



| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

SRXクランクシャフト振れ!

1 2  
前に紹介いたしました、SRX620ccチューニングエンジンの
クランクシャフトに振れが出ていました。
SRXでレースに参戦していた時の、エンジンは
排気量660cc・圧縮比12.5対1・カムはメガサイクル・
強化バルブスプリングで点火時期はノーマルイグナイターを
使用していましたので、エンジンに良くないノッキングが
でていましたね。
レースでは、8000回転以上で走行していましたので
練習・予選・決勝を2レース走ると、クランクシャフトに
振れが出てきました。
クランクシャフトが振れていると、振動が大きくなり
パワーも落ちてきます。
600ccでチューニングしたエンジンを、サーキット走行の
ようにレットゾーン付近で回し過ぎると、クランクは振れ
てきます。
今回のエンジンは、ピストン・リング・カムなど点検した
状態では、そんなに酷使したようには見えなかった
のですがね~
レースに使用していたか、サーキット走行用車両か?
3  
そんな事でクランクシャフトを取り外し、芯出し加工を
ボーリング屋さんに依頼です。
1_2  
友達が、17年モデル KTM DUKE690を購入しました。
ホワイトカラーが関東に1台しか残っていなくて、東京の
お店での購入です。
2_2  
早々、LEDバルブに交換です。
見た目に、少ししか明るくなったように感じず、本人は
少し納得がいかないようでした。
前に紹介した、SRX試乗車ほどの違いがないためです!
試乗車のハロゲンH4バルブが暗すぎたのかな?


| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

エンジンサンドブラスト&ペイント!

12月に入って寒さが増してきました、2月下旬まで辛抱です。
寒くて乗らない時期に、エンジンオーバーホール・ペイントは
いかがですか!
Photo  
SRXペイント前のエンジンです、サンドブラスト加工しますので
もっと汚いエンジンでも、綺麗に塗装できます。
1 4  
サンドブレスト加工後塗装します、塗料の乗りが大変
良くなります。
塗料はウレタンです、耐熱塗料でないので少し熱が
心配でしたが、もう長くこの塗装で行っていますが
問題は、発生しておりません。
色もシルバーかブラックをお勧めしていましたが
塗装屋さんと相談して、何色でもOKです。
ショッキングピンクも塗装できますよ?
写真のようにシリンダーのみとか、ヘッドのみなど
いろいろできます。
工程によってお値段は変わりますので、お問い合わせ
頂ければ、お見積もりいたしますよ!


| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

LEDは明るい!

Photo_2  
知人が、KTM690を購入したので、ヘットライトをLEDに
交換するのだと、納車はまだなのにLED RIZINGⅡを先に
購入してきました。
どのくらいハロゲンと違うか、SRX試乗車で確認です 。
Photo_3 Photo_4  
ロービムのLED(左)ハロゲン(右)の違いです。
Photo_5 Photo_6  
ハイビームもLED(左)ハロゲン(右)の違いです。
RIZINGⅡは、ハイビームでもロービームが点灯していますので
足元も明るいですね!
前に、安いLEDをフュージョンに取り付けたのですが、光が
散らばって暗く感じて、すぐに取り外してしまいました。
ハロゲンより明るいし、これならOKですね。


| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

SRXチューニングエンジン!

01  
SRX400ベースの620ccチューニングエンジン点検・分解
依頼です。
10  
カムシャフトはメガサイクル26620ヨシムラカムST-Ⅰ
とⅡの中間ぐらいのカムプロフィールと記憶しています。
05 11  
コスワース97φ圧縮比12対1のハイコンプピストンです。
09  
シリンダーは、アルミスリーブに加工せれています。
12 14  
ピストンクリアランスの測定をいました。
08 07_2  
シリンダーとピストンに軽い擦り傷が有ります。
お客様と相談して、シリンダー・ピストンにWPC加工を
行います。
13  
シリンダーヘッドの漏れ点検でEX側がかなり漏れていました。
バルブすり合わせ加工を行ってみます。
完成が楽しみです!

お知らせです!
12月より営業時間が変わりました。
AM10時からPM6時までです 1時間の短縮です。
よろしくお願いいたします。




| | コメント (1)

2017年12月 6日 (水)

SRXリヤブレーキのロック!

1  
白糸スピードランド走行時、スピードが乗り過ぎリヤブレーキで
速度を調整しようとすると、ノーマルリヤブレーキシステムですと
すぐにロックしてしまいます。
2  
ブレーキの効きがノーマルより甘く、コントロールしやすい
システムと考え、ブレンボ通称カニ34Φの取り付けを
テストしてみようと、製作開始です。
ブレンボカニにしますと、ノーマルマスターシリンダーですと
容量が大き過ぎますので合うものを探して交換ですね。
2_2 1_2  
寒いですね~
ハンドルカバーとグリップヒーターを取り付けました。
若いころは、カッコ悪いと我慢して絶対に取り付けません
でした。
こんなに暖かく乗れるのにね~
いくら走行してもすぐにペンで字が書けますよ。
歳には勝てません!


| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

進化しています!

1  
HCSRX-500Rです。(SRXレーサー)
お店に在る部品で、進化しています。
2 3  
ドライブチエーンを428から520サイズに変更。
白糸スピードランドで、2次減速2.632から
F15T-R41Tの2.733に変更。
白糸コースですとSRXでは、2速と3速での走行です。
2.733に変えることで、2速たち上がりでトルクの出る
所を使えるようになり、3速でストレートエンドで
良い感じまで吹き上がるようになりました。
7 8  
フロントブレーキマスターをロッキードラジアルに交換です。
ヤマハセミラジアル16φを使用していました。
モスキャリパーダブル用ですので、ニッシン4Pキャリパー
ですと、レバーが握り込め過ぎていました。
ロッキードマスターはレバー比調整・レバーとグリップ間も
調整できる優れものです。
5 6  
クラッチマスターもロッキード横押しタイプに交換です。
このマスターも、レバー比の調整が出来ます。
1_2  
お休みの日 白糸スピードランド一番乗りです。
進化のおかげか?少しづつタイムは良くなっています。
小さなコースですので、大幅なタイムの縮小には
なりませんが、乗り方も工夫してタイム縮小にトライ!
楽しんでおります。


| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

日頃の点検と整備!

天気予報で確認して晴れの日を予約したのに、予報が外れて
小雨の朝、車検に行きました。
日頃の行いかな~?
2  
雨の日も風の日も寒い日も暖かい日も通勤で使用している
SRです。
ウインカーが点滅しない、との事で依頼されました車両です。
社外のウインカーはノーマルに比べると防水性に劣りますので
時々、レンズを外して水分を取り、クレの配線復活スプレーで
整備しましょう!
今の潤滑剤スプレーは、シリコンが入っているらしく、接触
不良を起こすみたいです。
1  
試乗しますと、クラッチが非常に重いレバーを外して見ると
写真のように、軸受け部分が変形していました。
これも時々、レバーを外してグリスを塗布すれば、減りも
少なくなります。
クラッチケーブルに給油して、納車しました。
ウインカーの不具合で、依頼したのにクラッチも軽くなってと
大変喜んでいました。
毎日、乗っているオーナーの方日頃の点検整備を
お勧めしますよ~


| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »