« 新年のご挨拶です。 | トップページ | SRXシリンダーヘッドのすり合わせ! »

2018年1月 6日 (土)

珍しいトラブル!

SRXキックのエンジンオーバーホール依頼です。
22  
エンジンを分解してみて、ピストンにバルブの当たりキズ
カムがハイカムかと思い、良く調べてもノーマルカム。
23  
バルブが曲がり圧縮漏れがあります。
エンジンの圧縮(コンプレッション)の点検は、
コンプレッションゲージでの測定は、エンジンを分解
しないで測定できます。
測定して圧縮が少ない値が出た時、ピストンまわりか?
バルブまわりか?を調べるにはプラグ穴からオイルを
入れて、再測定して圧縮が上がれば、ピストンまわりで
リング・ピストンの問題と判断します。 
分解したときの点検は、写真のようにキャブ側・マフラー側
バルブに、ガソリンを入れて燃焼室への、ガソリンのニジみ
具合を点検します。
ニジまないこが一番良いのですが、ほんの少しのニジみは
まあ~良しとします。
写真のように、流れてしまうのはNGです。
ノーマルピストン・カムシャフトの組み合わせで、バルブと
ピストンが当たるのは、本当に珍しいことです。

|

« 新年のご挨拶です。 | トップページ | SRXシリンダーヘッドのすり合わせ! »

SRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年のご挨拶です。 | トップページ | SRXシリンダーヘッドのすり合わせ! »