« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

キャブレター同調調整!

キャブレター作業の番外編で多気筒エンジンのキャブレター
同調作業を紹介いたします。
1  
依頼内容は、始動性が良くない!です。
朝一、エンジン始動点検及び試乗、始動性は良くありません
でした。
2 3  
プラグ点検。
写真のように良い状態ではありませんので、交換です。
4  
キャブジョイント負圧パイプをバキュームゲージにセット
します。
5  
一番シリンダーから四番シリンダーまで、バキュームメーターで
出来るだけ、誤差が無い様に調整いたします。
翌日朝一で、エンジン始動問題なくセル一発で始動。
アイドリングも安定しました、同調も狂っていましたので
同調調整とプラグ交換で大変良くなりました。
多気筒キャブレターの調整も出来る お知らせです!


| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

キャブレター作業続く①

いやいや数年ぶりに風邪にかかってしまいました(インフルでない)
22.23日と2日間寝込んでしまいました。
おかぜ様で、夏目雅子の映画ケーブルTVで見られました。
キャブレター関係の作業依頼が、3件ありますので紹介します。
P1080238 P1080241  
SR400にCR33φキャブ交換です。
SR用CR33φキャブはハヤシカスタムオリジナルですので
セッティングはほとんど出してあります。
先ずは、ジェット類・ニードル・アイドルスクリューの交換と
キャブジョイントに入るアダプターを、年式に合うように加工
して取り付けます。
P1080242  
キャブ組み立て後、ノーマルキャブと交換します。
CR33φキャブの方が、1㎝ぐらい全長が長いのでキャブと
エアークリーナーBOX間の、ゴムパイプをカットして取り付けます。
スロットルパイプもノーマルから、アクティブスロットルパイプに
交換します、少し加工が必要です。
P1080243  
試乗して、セッティングを確認します。
今回、アクセル開け始めが少し薄く感じたので、ジェットニードルを
1段濃い方向にセッティングしてOKでした。
プラグの焼け具合を確認して、納車です。
Photo  
次は、FCRキャブのオーバーフロー修理作業で、FCRキャブ
セッティングと続きます。







| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

チェーン交換は3点セットで!

二月も中旬暖かな日が多くなってきました、これからは
だんだんと暖かくなってきますね~

ドライブチェーン・フロントリヤスプロケット交換は、3点セットで
一度、チェーンだけを交換したことがあります、すぐに
伸びてしまい、結局また3点セットで交換した経験があります。
1 2  
写真は、リヤスプロケットの片減りです。
フロントとリヤのスプロケットのセンターが出ていないと
写真のように、ずれている側が減ります。
原因は、リヤスプロケットのオフセットが逆に取り付けて
いたからです。
3  
皆さんは、チェーン調整はどのように、行っていますか?
私は、スイングアームに刻んである印で合わせています。
チェーン引きで合わせると言う一般的な方法です。
調整後、フロントとリヤスプロケットがまっすぐに調整出来て
いるか、チェーンを指で張って後方から確認します。
サーキットで、チェーン調整をリヤタイヤとフロントタイヤが
まっすぐになるように、後方からリヤとフトントタイヤを見ながら
調整しているライダーがいました聞いてみると。
『チェーン引きは当てにならないから』との事!
私は、この方法がよく分かりません。
フロントタイヤは走行中は進行方向に向いていますが
止まっているときは、進行方向に合わせるのは、難しい
ですよね!
どうやって合わせているのか?ご存知の方いらっしゃいましたら
教えてください!
やはりサーキットで、ゲージを使用してスイングアームシャフト
センターとリヤホイールシャフトセンターをゲージで合わせて調整
していました。
いろいろな方法がありますね!
でも、大事なことはチェーンの遊びの調整です。
張り過ぎもダメ・たるみ過ぎもダメちょうどいいところで調整!


| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

ガスケット剥がし!

安全運転!
右折車線に入る手前から渋滞していたので、右側を徐行して
右折しようと走行中、軽トラックが右側に出てきて、軽トラ
ミラーと私のジャンパーがかすりました。
ヒヤッとしました。無理せず安全運転ですね~

34 36  
長く開けていないエンジンのガスケット剥がしって大変ですよ
スクレッパーでだいたい剥がします、ガスケットのカスが
ケース内に入ります。
ガスケット剥がしリムバーを使うと、少しは楽になりますが
このエンジンは、塗装済みですのでリムバーは塗装も
剥がしますので、今回はスクレッパーで剥がしました。
38 41  
ケース内に入った、カスを綺麗に洗浄台で洗い流します。
砥石で、合わせ面をガスケットが無くなるまで綺麗にします。
39 40  
古い車両のエンジンですので、ゴム類の劣化が考えられますので
オイルシールなどは交換です。
これらの作業は地味ですが、これが大切なのです、後から漏れなど
無い様にね~




| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

SRXキック復活その2!

SRXキックのエンジンブラスト及び塗装が出来上がりました。
32  
先ずは、シリンダーボーリング加工に外注さんに依頼します。
シリンダーヘッドも圧縮漏れバルブ面の当たりを点検して
問題があれば、ボーリング屋さんに依頼します。
33  
クランク回りも分解して、クランクシャフトの点検です。
クランクシャフトのは問題ありませんでした。
また、外注さん任せで、作業待ちです。
Photo  
同じ仕事は、続くもので昨日車検依頼が3台ありまして
本日、TRX850の車検依頼が有り14日にゼファーの
車検が入ってきます。5台!
少し前は、フロントフォークオーバーホールが続き
不思議と同じ依頼が、つづくものです。
ありがたいです!

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

試乗車SRXリヤブレーキ交換!

1_2  
SRX試乗車のリヤブレーキを、HCオリジナルブレーキに
交換しました。
ノーマルリヤブレーキの不満は、すぐにロックするところです。
SRXはエンジンブレーキの単気筒ですので、多気筒エンジンより
効きます。
ロックするのは、トルクロッドがスイングアームに取り付けて有り
ブレーキを掛けると、リヤサスの動きが悪くなり、余計にロック
し易くなります。
2  
HCオリジナルリヤブレーキは、ブレンボカニキャリパーを
使用して、トルクロッドをフレーム側から取り出し、リヤブレーキを
掛けた時のリヤサスの動きに影響を与えません!
足でコントロールですので、手でコントロールする、フロント
ブレーキほどコントロール性の良さは感じないかもしれませんが
確かに良くなっていますので、試乗してみて下さい。
試乗車SRXでクラブSRXのマンスリーに参加するのが楽しみです。
1_3 2_2  
SRショートウインカーステーの在庫が無くなったので作りました。
なぜか、フロント用が無くなり今回はフロント用のみ製作です。
3  
これでフロント・リヤ在庫揃いました。
Sr4 Sr1  
SR用CRφ33キャブも入荷いたしました。
お問い合わせ頂きましたお客様にご報告です!


| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

電気回りのトラブル!

前にブログ「バッテリーへの気遣い」で紹介したSRX600キック
レギュレターのトラブルです。
08  
写真左がキックの1JKーA1のレギュレターです。
取り付いていたのが、右側?のSH569-12レギュレターです。
セル用は47X-A1ですので、セル用とも違うようです?
02 03  
結果写真のように熱で焼けて接触不良を起しました。
バッテリーに正常に充電できなくなりバッテリー上がりを
おこし、ウインカー作動不良を発生 もしくはメインキー
OFF時に放電していたのか?
この車両は、2年前エンジン・キャブ・足回りすべて
オーバーホール・整備した車両ですのす。
バッテリーも交換して、充電電圧も点検しました。
しかし、違うレギュレターが取り付いているのには
気が付きませんでした。
レギュレター・バッテリーを交換して正常に作動して
おります。
トラブルには、何か原因があります、未然に防ぐ・早期
発見。
整備士の技量が試されます!勉強・勉強ですね!



| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

SRXキック復活!

昨日は、トレーラーけん引の練習をしました。
前に見た映画で、ヨーロッパの人は上手にトレーラーを
操作しておりました、車庫入れなどいとも簡単そうに!
03 05  
8年間乗っていなかったSRXキック復活依頼です。
17  
エンジンを降ろして、ブラスト加工・シルバー塗装です。
外注さんに持ち込みました。
25  
ブレーキ回りも、要オーバーホールです。
26  
リヤキャリパーのエアー抜きスクリューが固着してます。
このまま、無理に外そうとすると必ず折れます。
そこで、ガスバーナーで炙り熱を加えて外します。
熱の加え方にコツがあります、暖め過ぎて塗装を
痛めない程度で緩む温度です。コツいるでしょう!
28  
分解した写真です、綺麗に清掃してシール・ピストンを
交換します。
29 30  
フロントフォークもオーバーホール・インナーチューブ磨き
です。
まだエンジンブラスト・塗装が出来上がってきません!
まだまだ続きがあります、お楽しみに!





| | コメント (1)

2018年2月 3日 (土)

整備士の気遣い!

45  
写真は、ホワイトパワーリヤサスです。
ダンピング調整ダイアルがチェーンケース方向
車両に跨って左側に向いています。
これでは、チェーンケースが邪魔をしてダンピング調整
がやり難いです。
47  
良い機能が付いているので、調整しやすい跨って右側の
位置に変更しました。
1クリックの違いは、なかなか分かりませんが!
走行中にリヤサスが、ふわふわすると感じた時、ダンピングを
1~2クリックダンピングを効かせてやると、良い感じに
なるのが分かりますよ!
ですから、すぐに調整できる位置に合わせるのです。
1 2  
前に、ハイカムのみ交換したホンダジョルカブです。
排気量アップ勧めていたのですが、ハイカム交換だけ
でした。
やはり、お客様が望んでいらしたのと違うようで
ボアアップキットの組み付けです。
スプロケットギア比も、排気量アップに合わせて交換
しました。
ただ、作業するのでは無く、使い勝手の良さなど考えて
整備・調整していきます。
整備士の気遣いです!






| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »