« 整備士の気遣い! | トップページ | 電気回りのトラブル! »

2018年2月 6日 (火)

SRXキック復活!

昨日は、トレーラーけん引の練習をしました。
前に見た映画で、ヨーロッパの人は上手にトレーラーを
操作しておりました、車庫入れなどいとも簡単そうに!
03 05  
8年間乗っていなかったSRXキック復活依頼です。
17  
エンジンを降ろして、ブラスト加工・シルバー塗装です。
外注さんに持ち込みました。
25  
ブレーキ回りも、要オーバーホールです。
26  
リヤキャリパーのエアー抜きスクリューが固着してます。
このまま、無理に外そうとすると必ず折れます。
そこで、ガスバーナーで炙り熱を加えて外します。
熱の加え方にコツがあります、暖め過ぎて塗装を
痛めない程度で緩む温度です。コツいるでしょう!
28  
分解した写真です、綺麗に清掃してシール・ピストンを
交換します。
29 30  
フロントフォークもオーバーホール・インナーチューブ磨き
です。
まだエンジンブラスト・塗装が出来上がってきません!
まだまだ続きがあります、お楽しみに!





|

« 整備士の気遣い! | トップページ | 電気回りのトラブル! »

SRX」カテゴリの記事

コメント

アルミと鉄、腐食でガッチリくっつくんですね。
以前他のバイクでやらかして、エア抜きスクリューはあきらめ、マスターのバンジョー付近に社外のエア抜きを付けました。

上の方がエアを抜き易いとの意見もありますが、苦肉の策。

やはり整備に無理なトルクは禁物!
立ち止まって考えるが鉄則ですね。
流石にプロは違います。

職権打刻シールさん ハヤシです。
何度も失敗を繰り返して、学んでいくのですね!
これが、経験と言うのですかね~
私は『好きこそものの上手なれ』です。

投稿: 職権打刻シール | 2018年2月 6日 (火) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 整備士の気遣い! | トップページ | 電気回りのトラブル! »