« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

SRXキックオイル交換!

01  
SRXキックのオイル交換の手順です。
02  
チェンジリンクを外しておくと、エンジン側ドレンボルトが
外しやすくなります。
03 04  
この工具知ってますか?車載工具に入っていたと思います。
右の写真の用にマフラーにオイルがかからないようにする
工具です。
05  
オイルタンクから抜くときスプロケットカバーにオイルが
付かないようにガムテープなどでカバーします。
06 08  
オイルフィルターも交換ですので、フィルターキャップ内の
オイルも抜きます。手に持っているM5のスクリューを外し
フィルターキャップの下のスクリューをネジを完全に外して
抜かないで、刺しておきます。
フィルター室のオイルは拭き取ります。
07 09  
ドレンガスケットは必ず交換です。
O-リングなどは潰れているようなら交換します、今回は
フィラーキャップO-リングは交換しました。
10  
オイル缶からオイルジョッキーに移します、オイル缶に
余すことなく移しましょう!
11_2  
キックの交換オイル量は、2.0L~2.1Lです。
1.5Lぐらいオイルタンクに入れます。
エンジンを始動して、オイルが回っているか確認します。
写真の用に、フィルターキャップを緩め(1mmぐらい)
オイルが滲み出てくればオイルは回っています。
12 13  
エンジンを暖機して(走行するのが早い)SRXを直立のして
エンジンを2分間止めてから、オイルゲージでオイル量を
確認します。
2.0L入れれば、ゲージFのところになります。
フィルター交換時は2.1Lです。
ゲージFからEの範囲にオイルが入っていればOKですが
交換時はなるべくF(フル)まで入れておきましょう!
自分で作業するのもいいのですが、手間もかかりますし
廃油処理などもありますので、ハヤシカスタムにお任せ
下さい。
 
8月1日・2日はお休みさせていただきます。
 

| | コメント (1)

2018年7月29日 (日)

キャブヘリサート修正!

台風が通過してまた熱さがぶり返しましたね前ほどでないけど!
1  
CB400Fのキャブレターヘリサート修正作業です。
キャブセッティングで何回もジェット類を交換するので
ネジが舐めてしまいました。
2  
ネジもまっすぐ入り、上手にできました。
3 4  
CB400Fのメインジェットはねじ込みではなく、板バネで
フロートチャンバーで押えていました。
Gsxr  
スズキGSX-R750車検依頼で引き揚げです。
軽トラなくても何とかなります!

| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

エンジンを作る!

台風の影響で雨が強くなってきました、今日はサーフで帰ろう!
コンプリートエンジンを制作して、販売いたします。
01  
シリンダーヘッドがたくさんあります。
写真を撮った在るものでも、400用6台・600用2台です。
まだエンジンが6台ぐらい在ります。
02 03  
先ず、400ハイコンプのエンジンコンプリートを作ります。
シリンダーヘッドの仕上げから紹介します。
燃焼室のカーボンを取り除いて、バルブもカーボン取りです。
バルブは、写真で比べて下さい。
05  
バルブとバルブシートのすり合わせを行います。
06  
すり合わせが出来たら、各パーツを洗浄して組み立てに
入ります。
07  
ステムシールを取り付ける自作工具です、簡単に正確に
取り付けられます。
08 09  
バルブ・スプリングを組み付けたら、漏れの点検・確認です。
写真の用に、インテーク・エキゾーストからガソリンを入れて
漏れの点検を行い、漏れが無ければOKです。
左写真ピンボケでした!
今回組み立てるエンジんは、HCオリジナルハイコンプピストン・
HCオリジナルハイカムシャフトの400チューニングエンジンです。
お店の試乗車と同じですので、試乗してください、よろしく
お願いします。
01_2  
ハヤシカスタムのSRXレース仕様車です。(サーキット走行用)
サーキット走行車両は、セパハンだ!と決めていましたが
歳に負けてアップハンドル仕様に致します。
打倒 KTM690DUKEを目指して、エンジンは620ccで!
詳細は、製作しながら報告いたします。
お楽しみに!

| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

ハンドル切れ角調整!

台風、関東は直撃は免れましたが、広島方面が心配
ですね、これ以上被害が出ないといいのですが。
04  
CD50トライアル車製作です。
今回は、ハンドル切れ角を大きく改造します。
05  
フロント周りすべて取り外します。
06  
ハンドルストッパーをサンダーで削り取ります、他の場所に
ストッパーを作ります。
07 09  
ステムベアリングを分解しました。
写真の用にグリスが古く硬くなっていますので、清掃・
グリスアップも行いました。
10  
ハンドル切れ角が増えました。
ハンドルをいっぱいに切った時のフェールタンクと
アッパークラウンの隙間は5mmぐらいまで、詰めました。
トライアル車は、小回りするためハンドルの切れ角は、普通の
オートバイより大きいのです。
Photo  
箱根にツーリングに行ったお客さんが、フロントタイヤが
パンクしたと持ち込みました。
先ず、フロントタイヤのパンクが珍しく(普通リヤが多い)
まして、写真のような細い針金!
お客さんも「え!これ」と驚いていました。
ほんと良く刺さりましたね~

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

スズキGR650を油圧クラッチに!

本日、厚木市は最高気温30℃で連日の暑さに比べると、すごし
易かったですね~
今回は、オリジナル油圧クラッチシリンダーを、GR650に
取り付けました。
シリンダーが収まるスペースが有ればどの車種にも取り付け
可能です。
01  
GR650は、クラッチレバーが遠くて250キロ下道を走ると
指の付け根が痛くなりました。(軟弱になっている?)
02  
シリンダーを取り付けるスペースは、確保できそうです。
03  
SRから取り外した、キットを使用します。
マスターシリンダーはブレンボ13φクラッチマスターです。
04  
ノーマルクラッチホルダーを外します。
ミラー・グリップ・バーエンドは、また使用します。
05  
マスターシリンダーを仮付けします。
06  
油圧シリンダーキットも仮付けして、クラッチ調整を行って
おきます。
08 07  
マスターシリンダーから油圧シリンダーにホースを取り回し
良く取り付けます。
フリュードを入れてエアー抜きを行います。
10 11  
取り付けた写真です。
09  
試乗しました、ノーマルよりレバーは近くになり、ブレンボ
13φを使用しので、軽く握れるようになりツーリングで
手の痛みは軽減できそうです。
油圧シリンダーをお考えのお客さま、車種問わずご相談
ください、エンジン側クラッチのレバーまわりの写真が
有りますと、取り付けられるかの判断はお伝えできると
思います。
ご連絡待っています!
 
 

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

オイルシール交換!

SRXキックのオイルシール交換です。
52  
ケースカバーを取り外しての作業となります。
古いシールを外します、私は製作した工具を使用しますが
マイナスドライバーでケースにキズを付けないように注意して
外しましょう。
53  
ケースシールが入る所はペーパーで、カスなど綺麗に修正します。
削り過ぎに注意!
54  
ケース側とオイルシールにラバーグリースを塗布して、出来るだけ
指で圧入しましょう、叩いて入れると失敗することが多いので注意!
作業経験の無い人は当店にご依頼ください!お待ちしております~

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

キャリパーモミだし清掃!

イヤー昨日は、40度越えで異常でしたね!ツーリングに出かけようと
支度して、表に出たのですが、タダタダ熱いのを我慢するツーリングに
なると思い中止にしました。家でエアコンかけて、ビデオ三昧です。
01  
セロー250のリヤブレーキパット交換とピストンモミだし清掃作業です。
02 03  
セローはホイールを外さないと、キャリパーも外せません!
04  
ピストンを清掃しながら、出したり引っ込めたり数回繰り返し
ます。ピストンは指で押して引っ込めて、ブレーキペダルで出します。
05  
外した部品は、洗浄して組み付けます、写真撮影のため並べて
います。
06  
プレートも清掃して、グリスアップします。取り付けてはみ出た
グリースは綺麗にふき取ります。
07  
ブレーキパットも交換しました。
08  
ホイールを取り付け、規定トルクで締めてから、ホイールを
回しながら、ブレーキペダルを作動させて、キャリパー・パットの
センターにディスクプレートがなるようにして下さい。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

明日はツーリングに行きます!

01  
ノアくんが、わざわざ茨城県からGR650を見に来ました?
「GR650良いバイクですよ、良く走りますよ」とべた褒めでした。
どうも取材の車両を返却ついでに寄ったようですが!
明日のツーリングは!
8月にかみさんと、富士五湖周辺にキャンプに行く予定ですので
下見がてら富士五湖めぐりですね!
02  
ツーリング前の点検です。
タイヤ空気圧の調整、標準空気圧がラベルに表示していますので
先ずは標準で調整。
03 04  
フロントは1.7kgcでしたので2.0kgcに調整です。
もしかすると、標準だと少しはねたので1.8kgcに調整したかも?
とりあえず、標準で走行します。
05  
エンジンオイル量の点検も忘れずに、レベル内に入っていれば
OKですが、この車両は少しオイルを消費するようなので補充します。
08  
ブレーキパット・ブレーキシューなどの残量点検も行いましょう。
フロントのパット残が1.0mm~1.5mmぐらいですので、注文
しておきます。
09  
ドライブチエーンのたるみ・オイルなど点検です。
06  
保安部品の点検。
ライト・ホーン・ウインカー・テールランプ・ストップランプなど
正常に作動するか、確認します。
07  
レインウエアーのも忘れずに持っていきましょう。
前回のSRXマンスリーも突然の雨に合いました、2キロぐらいで
止んでいて、路面も乾いていましたが!
私はレインウエアー持つ派です。
明日は、安全運転で行ってまいります。

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

SRX中古パーツ売れました!

先日紹介しました、SRX中古パーツ早くも売れました。
1  
ブレンブレーシングキャリパー sold out!
1_2  
マルケジーニマグホイール sold out!
6  
フロント3.50インチ
2  
リヤ4.50インチ、フローティングキャリパーサポート付です。
紹介前に売れたものです。このまま紹介しないのが残念で
ブログに載せました!
_ak23622 _ak22530  
写真は、筑波1000でプロの写真家に撮って頂いた写真です。
カッコいいでしょう~
気分は、ロッシやマルケスでもリーンウイズ気味!
計画では、マルケジーニマグホイールを、HCSRXレーサーに
履かせて、エンジンを620ccにスープアップして、KTMDZUKE
690に対抗できるレーサーを作る予定でしたが、目先のお金に
目がくらみ、売ってしまいました!
でもKTMに対抗できるSRXレーサーは作る予定です。
お楽しみに!
01  
写真は、CD50を昔風のトライアル車仕上げる途中のテールランプ
取り付け中のものです。
ナンバープレート・リヤフェンダーをどのように仕上げるか、
オーナーさんと考えます。

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

SRXトラブル!

2件のSRXトラブルが有りました。
 
走行中にヒューズが飛び、メインスイッチがオンできなく
なりました。
1_2  
レギュレター不良で(発熱し過ぎ)配線がショートして
ヒューズがダウンしました。
レギュレターは熱くなりますので、熱いから不良では
ありません。
2  
ヒューズを使わず直結につないだので、配線が燃えて
しまいました。
直結は止めましょう、火災になりかねません!
レギュレターを交換して、ボルトメーターも取り付けます。
1_3  
次は、エンジンのトラブルです。
写真の用にエキゾーストバルブが曲がっています。
FCRエアーファンネルでの走行でしたので、何か吸い込んだ
用です。
2_2 3  
バルブガイドも、写真の用に破損していました。
バルブ、バルブガイド交換・シートすり合わせでOKでしょう。

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

SRX中古パーツ紹介!

お店にエアコン有って良かったと思う厚さですね!
Hc01  
写真のSRX車両の中古パーツ紹介です。
Hc02 1  
ブレンブレーシング40ピッチキャリパーセットです。
SRX用サポートとチタンボルト付で25.000円(税抜)
パットは付いていません!
2  
表からの写真
3  
裏からの写真少し汚れが有ります。
4  
上からの写真もみ出し清掃済みです。
1_2  
次はヨシムラST-3のカムシャフトとヨシムラ強化バルブ
スプリングセットで25.000円(税抜)です。
2_2 3_2  
ST-3はヨシムラ強化バルブスプリングを使わないと
高回転で、バルブとピストンが当たりますので、必ず
セットで組み立てます。
 

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

SRXピストンの話!

もうSRXの純正ピストンは販売中止です。
600も400も社外ピストンを使用することになります。
Hc27  
20年以上前に組み立てたチューニングエンジンです。
ピストンはコスワース98φ圧縮比12対1で排気量は
633ccです。カムシャフトはヨシムラST-3です。
写真左側が、吹き抜けています。
原因は、ノッキングと思われます、点火時期がノーマル
イグナイターの為、低・中速でノッキングが生じて、
吹き抜けたのでしょう。
今は、点火時期を変えられるパーツが出ていますので
ノッキングは抑えられます。
Hc28  
ピストンには、かじりキズなど無く良い状態だったと
思います。
エンジンは、社外ピストンを使用してもしっかりと組み立てれば
それなりの耐久性は保てます。
たとえば、ピストンリングのクリアランス調整、社外ピストンキット
では調整は常識ですからね。
このような、細かな調整を怠ると、原因不明なトラブルが生じ
るのです。
SRXでエンジンオーバーホール考えているなら、ご相談下さい
400cc・600cc一番合ったピストンを選んで組み立てます。
SRXだけだ無くSRも相談ください!

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

スプロケットオイルシール交換!

あまりの暑さに、市営プールに行ってきました!
SRXのフロントスプロケット側オイルシールの交換です。
1  
オイル漏れが酷くなると、チエーンがオイルでびっしょりに
なりますが、この車両はにじむくらいですね。
2  
スプロケットを外した写真です。
3  
オリジナルスペシャル工具を使用して、交換完了です。
チェンジシャフトオイルシール交換も行いました。
2_2  
娘のスクーターの点検とオイル交換です。
ホンダのオイルは無いと言ったら、ホームセンターで
買ってきました。
前に、シングルレース仲間と、オイルの話をしたとき
ホンダRGP(ホンダが作ったシングルレーサー)の指定
オイルは、ウルトラオイルだそうです。
SRXレーサーは、モチュール300Vだのヤッコーオイルだのと
オイルにはかなり気を使いましたが、RGPはホームセンターで
売っている、オイルで良いのかいな!驚きでした!

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

ワンオフキャリーパーサポート!

左足親指の付け根の痛みが直りません、朝のランニングも
オートバイにも乗れません!スクーターには乗れます。
前から依頼されていました、SRXキックTZR4.50インチ
ホイール仕様が出来上がりました。
1  
最後に出来上がったブレンボカニ用キャリパーサポートです。
2  
来週アルマイト処理をして納品です。
本日はモトGPドイツ予選ですので、帰ってテレビ観戦です。
明日は定休日でお休みですが 娘が「スクーターのオイル交換と
点検お願いね」言ってたな~午前中は出だな!

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

SRオイル交換!

朝から左足の親指付け根が痛くて、明日朝走れるかな~
01_2  
SRのエンジンオイル交換です。
02_2 03_2  
SRは、フレームとエンジンからオイルを抜きます。
先ずは、フレームから抜きます写真の用にガムテープで
アンダーガードにオイルが入るのを防ぎます。
05_2  
エンジン下のドレンボルトを外してエンジン内のオイルを
抜きます。エンジン側の方がオイル量は少ない。
04_2  
フレーム側もエンジン側もガスケットは新品を使用のこと!
06_2  
ドレンボルトをトルクレンチで締め付け、パーツクリーナーで
脱脂をします、後でオイル漏れニジミの確認の為。
07_2  
オイルを入れます、SRはタンク前のフレーム上から入れて
行きます。こぼさない様に気おすけて、こぼすと脱脂が面倒
ですからね~
08_2  
SRは、2Lをタンクに入れてフィラーキャップを締めて、エンジンを
かけます。オイルがエンジン内を回っているか、写真の用に
フィルターキャプ上のスクリューを緩めて確認します。
スクリューを外すと噴水のようになりますので外さないでね!
09_2  
オイルが回っていることが確認できたら、走行するなどエンジンを
暖機してオイル量を点検確認します。
車両を直立にして、1分アイドリング・エンジンを止めて2分間待つ
写真の用にオイルをゲージで確認します。
10_2  
オイル漏れなど無いか確認して終了です。
ハヤシカスタムでは、SRエンジンオイル交換ヤッコー10W-40
2Lで工賃込で税込6.935円で行います。
廃油処理など有りますので、ハヤシカスタムに依頼してください!

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

SRXキックに4.5インチホイール!

暑いので外には出ないようにしています。
SRXキックに4.5インチホイールを取り付ける作業です。
スイングアームは、SRXセル用!
ホイールはTZR250(3XV)4.5インチ
2_2  
先ずは、スイングアームをキックの車両に幅を削って取り付けます。
キックは2本サスですので、スイングアームにサス取付金具を
溶接して取り付けます。
1  
ホイールはSRXセル用なら、そのまま取り付きますがチエーンライン
はスプロケットホルダーを加工して合わせますけどね。
TZR250ホイールですと、一から寸法を測って図面を書いて、製作に
取り掛かります(もう出来ています)
キャリパーは、ブレンボカニを使用します、図面も出来ていますので
後は製作して、表面処理(アルマイト)して納品です。
タイヤは、150/70-17 のラジアルが履けますね。
お知らせ
明日 12日は午後お休みさせていただきます!

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

SRXキック復活その5!

いや~ 毎日暑いですね!熱中症にご注意!
SRXキック復活車体回り編です。
71_2 70_2  
タイヤは、BSのBT45を選びました、一番無難な良いタイヤです。
07  
フロントフォークは、オーバーホール・インナーチューブ磨き
分解した写真は、復活その1で見て下さい。
79 78  
フェールタンクは綺麗でしたので、洗浄して使用。
コックは分解清掃シール類交換・タンクキャップは分解清掃。
63 64  
ハンドルも曲がっていましたので 修正!
61  
その他分解したところは、清掃・給油・グリスアップです。
74 75  
エンジンを載せます、エンジン脱着治具を使用しますと
手際よく載せる事が出来ます。
77  
エンジン始動して、細かな調整をしていよいよ車検です。
85  
軽トラックを手放しましたので、ハイラックスサーフで
トレーラーをけん引して、車検検査です。
結構 目立ちます!
40キロぐらい試乗して納車しました、とても快調に仕上がりました。
これでキック復活シリーズは終わりです。
エンジンのみ再塗装ですので、車体回りはサビなど有りますが
大事な所は、分解清掃・給油をして動く所はスムースに動き
止まる所はカチッと止まるように仕上げました。
SRXと限らず、思い入れのある車両の復活相談乗りますよ~

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

クラブSRXマンスリーにて!

昨日のマンスリーは、突然の雨にあいましたが、ほとんど良い
天気でした。
キャブセッティングを行った試乗車SRXは、快調で満足のいく
走行が出来ました。
1 2  
参加のSRXは、キックとセルが半々ぐらいです。
キックの車両を皆さん綺麗に工夫をして維持しています。
写真の用にノーマルリヤサスを綺麗にペイントしたり、ホイールに
排気ガスのカーボンが付着しないように加工していました。
キック車両に、アルミスイングアームを取り付けて、太いホイール
太いタイヤを履いて、ガンガン走っていました。
ホイールを太くするとタイヤの選択幅が増えます、ラジアルも
履けますしね!
当店も加工を行っております。営業です!

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

クラブSRXマンスリー!

明日 7月8日(日)はSRXクラブマンスリーのツーリングです。
で お休みです。
01  
先月のマンスリーではキャブセッティング調整不足でした。
今まで、借り物のFCRでしたが新たなキャブFCR35Φが
手に入りましたので、再セッティングしてのツーリングでした。
濃くしすぎでまったくの不調で、お客さんに乗ってもらい
「パーシャルからアクセル開けた時にもたつく」とのご指摘
私も乗っていて面白くなく、店に戻って再セッティングです。
03  
メインジェット・スロージェット・ジェットニードルすべて見直し
少し薄い方向でセッティングしました。
04  
7.000回転で引っかかりがあったので、イグナイターを
ノーマルに変えてみましたが、変わりなく 又ウオタニさんに
戻しました。ノーマルイグナイターとウオタニさんを比べると、
ウオタニさんの方が、体感できるくらいパワーが出ています。
05  
プラグギャップを指定に合わせます、プラグのギャップって
大事ですよ!
明日、伊豆スカでのキャブ調子どうですかね!楽しみです!
タイヤ空気圧・ウインカーなどの保安部品・エンジンオイル量
(SRXは、少し面倒)
ツーリング前の軽めの点検よろしく!

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

SRXアルミシリンダー!

戻り梅雨で昨夜から降ったり止んだりの一日でした。
26  
ゴールデンウイーク前に依頼した、SRXアルミシリンダー加工
が出来上がってきました。
お客様には、加工納期二ヶ月かかるとお伝えしていますので
問題は無いのですが、一ヶ月ぐらいですと作業効率も良いの
ですけどね~
写真の用に、納品された加工品はピストンクリアランス・シリンダー
厚など、測定します。
ピストンクリアランス0.05指定が、0.04~0.06で収まって
いました。シリンダー厚みも102.24mmでOKです。
27  
ピストンリングを組み付けて、クランクシャフトにピストンを
取り付けます。
29  
組み付ける前に、シリンダーは綺麗に洗って組み立てます。
スリーブにはホーニングカスが付いていなすからね!
30 31  
シリンダー・シリンダーヘッドを規定トルクで組み立てます。
本日はここまでで作業終了です。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

SRXキック復活その4!

お久しぶりです、ブログ復活です。
今回は、キャブレターとブレーキ編です。
69 66  
取り付いていたキャブレターは、写真のように使えません!
72  
程度の良いキャブレターをオーバーホールして使います。
キャブレターセッティングで一番最初に調整するところが
油面の調整です。
この調整が狂っていると、正確なセッティングが出来ません。
油面調整は、フロートの高さ調整と、写真のようなガソリンの位置
調整が有ります。
ガソリンの位置調整の方が、正確だと思います。
28 62  
ブレーキは、キャリパーピストン・シール交換
マスターシリンダーもピストン・シールの交換をしました。
次回は、車体回り編です お楽しみに!

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »