« 2018年4月 | トップページ

2018年7月

2018年7月16日 (月)

スプロケットオイルシール交換!

あまりの暑さに、市営プールに行ってきました!
SRXのフロントスプロケット側オイルシールの交換です。
1  
オイル漏れが酷くなると、チエーンがオイルでびっしょりに
なりますが、この車両はにじむくらいですね。
2  
スプロケットを外した写真です。
3  
オリジナルスペシャル工具を使用して、交換完了です。
チェンジシャフトオイルシール交換も行いました。
2_2  
娘のスクーターの点検とオイル交換です。
ホンダのオイルは無いと言ったら、ホームセンターで
買ってきました。
前に、シングルレース仲間と、オイルの話をしたとき
ホンダRGP(ホンダが作ったシングルレーサー)の指定
オイルは、ウルトラオイルだそうです。
SRXレーサーは、モチュール300Vだのヤッコーオイルだのと
オイルにはかなり気を使いましたが、RGPはホームセンターで
売っている、オイルで良いのかいな!驚きでした!

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

ワンオフキャリーパーサポート!

左足親指の付け根の痛みが直りません、朝のランニングも
オートバイにも乗れません!スクーターには乗れます。
前から依頼されていました、SRXキックTZR4.50インチ
ホイール仕様が出来上がりました。
1  
最後に出来上がったブレンボカニ用キャリパーサポートです。
2  
来週アルマイト処理をして納品です。
本日はモトGPドイツ予選ですので、帰ってテレビ観戦です。
明日は定休日でお休みですが 娘が「スクーターのオイル交換と
点検お願いね」言ってたな~午前中は出だな!

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

SRオイル交換!

朝から左足の親指付け根が痛くて、明日朝走れるかな~
01_2  
SRのエンジンオイル交換です。
02_2 03_2  
SRは、フレームとエンジンからオイルを抜きます。
先ずは、フレームから抜きます写真の用にガムテープで
アンダーガードにオイルが入るのを防ぎます。
05_2  
エンジン下のドレンボルトを外してエンジン内のオイルを
抜きます。エンジン側の方がオイル量は少ない。
04_2  
フレーム側もエンジン側もガスケットは新品を使用のこと!
06_2  
ドレンボルトをトルクレンチで締め付け、パーツクリーナーで
脱脂をします、後でオイル漏れニジミの確認の為。
07_2  
オイルを入れます、SRはタンク前のフレーム上から入れて
行きます。こぼさない様に気おすけて、こぼすと脱脂が面倒
ですからね~
08_2  
SRは、2Lをタンクに入れてフィラーキャップを締めて、エンジンを
かけます。オイルがエンジン内を回っているか、写真の用に
フィルターキャプ上のスクリューを緩めて確認します。
スクリューを外すと噴水のようになりますので外さないでね!
09_2  
オイルが回っていることが確認できたら、走行するなどエンジンを
暖機してオイル量を点検確認します。
車両を直立にして、1分アイドリング・エンジンを止めて2分間待つ
写真の用にオイルをゲージで確認します。
10_2  
オイル漏れなど無いか確認して終了です。
ハヤシカスタムでは、SRエンジンオイル交換ヤッコー10W-40
2Lで工賃込で税込6.935円で行います。
廃油処理など有りますので、ハヤシカスタムに依頼してください!

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

SRXキックに4.5インチホイール!

暑いので外には出ないようにしています。
SRXキックに4.5インチホイールを取り付ける作業です。
スイングアームは、SRXセル用!
ホイールはTZR250(3XV)4.5インチ
2_2  
先ずは、スイングアームをキックの車両に幅を削って取り付けます。
キックは2本サスですので、スイングアームにサス取付金具を
溶接して取り付けます。
1  
ホイールはSRXセル用なら、そのまま取り付きますがチエーンライン
はスプロケットホルダーを加工して合わせますけどね。
TZR250ホイールですと、一から寸法を測って図面を書いて、製作に
取り掛かります(もう出来ています)
キャリパーは、ブレンボカニを使用します、図面も出来ていますので
後は製作して、表面処理(アルマイト)して納品です。
タイヤは、150/70-17 のラジアルが履けますね。
お知らせ
明日 12日は午後お休みさせていただきます!

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

SRXキック復活その5!

いや~ 毎日暑いですね!熱中症にご注意!
SRXキック復活車体回り編です。
71_2 70_2  
タイヤは、BSのBT45を選びました、一番無難な良いタイヤです。
07  
フロントフォークは、オーバーホール・インナーチューブ磨き
分解した写真は、復活その1で見て下さい。
79 78  
フェールタンクは綺麗でしたので、洗浄して使用。
コックは分解清掃シール類交換・タンクキャップは分解清掃。
63 64  
ハンドルも曲がっていましたので 修正!
61  
その他分解したところは、清掃・給油・グリスアップです。
74 75  
エンジンを載せます、エンジン脱着治具を使用しますと
手際よく載せる事が出来ます。
77  
エンジン始動して、細かな調整をしていよいよ車検です。
85  
軽トラックを手放しましたので、ハイラックスサーフで
トレーラーをけん引して、車検検査です。
結構 目立ちます!
40キロぐらい試乗して納車しました、とても快調に仕上がりました。
これでキック復活シリーズは終わりです。
エンジンのみ再塗装ですので、車体回りはサビなど有りますが
大事な所は、分解清掃・給油をして動く所はスムースに動き
止まる所はカチッと止まるように仕上げました。
SRXと限らず、思い入れのある車両の復活相談乗りますよ~

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

クラブSRXマンスリーにて!

昨日のマンスリーは、突然の雨にあいましたが、ほとんど良い
天気でした。
キャブセッティングを行った試乗車SRXは、快調で満足のいく
走行が出来ました。
1 2  
参加のSRXは、キックとセルが半々ぐらいです。
キックの車両を皆さん綺麗に工夫をして維持しています。
写真の用にノーマルリヤサスを綺麗にペイントしたり、ホイールに
排気ガスのカーボンが付着しないように加工していました。
キック車両に、アルミスイングアームを取り付けて、太いホイール
太いタイヤを履いて、ガンガン走っていました。
ホイールを太くするとタイヤの選択幅が増えます、ラジアルも
履けますしね!
当店も加工を行っております。営業です!

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

クラブSRXマンスリー!

明日 7月8日(日)はSRXクラブマンスリーのツーリングです。
で お休みです。
01  
先月のマンスリーではキャブセッティング調整不足でした。
今まで、借り物のFCRでしたが新たなキャブFCR35Φが
手に入りましたので、再セッティングしてのツーリングでした。
濃くしすぎでまったくの不調で、お客さんに乗ってもらい
「パーシャルからアクセル開けた時にもたつく」とのご指摘
私も乗っていて面白くなく、店に戻って再セッティングです。
03  
メインジェット・スロージェット・ジェットニードルすべて見直し
少し薄い方向でセッティングしました。
04  
7.000回転で引っかかりがあったので、イグナイターを
ノーマルに変えてみましたが、変わりなく 又ウオタニさんに
戻しました。ノーマルイグナイターとウオタニさんを比べると、
ウオタニさんの方が、体感できるくらいパワーが出ています。
05  
プラグギャップを指定に合わせます、プラグのギャップって
大事ですよ!
明日、伊豆スカでのキャブ調子どうですかね!楽しみです!
タイヤ空気圧・ウインカーなどの保安部品・エンジンオイル量
(SRXは、少し面倒)
ツーリング前の軽めの点検よろしく!

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

SRXアルミシリンダー!

戻り梅雨で昨夜から降ったり止んだりの一日でした。
26  
ゴールデンウイーク前に依頼した、SRXアルミシリンダー加工
が出来上がってきました。
お客様には、加工納期二ヶ月かかるとお伝えしていますので
問題は無いのですが、一ヶ月ぐらいですと作業効率も良いの
ですけどね~
写真の用に、納品された加工品はピストンクリアランス・シリンダー
厚など、測定します。
ピストンクリアランス0.05指定が、0.04~0.06で収まって
いました。シリンダー厚みも102.24mmでOKです。
27  
ピストンリングを組み付けて、クランクシャフトにピストンを
取り付けます。
29  
組み付ける前に、シリンダーは綺麗に洗って組み立てます。
スリーブにはホーニングカスが付いていなすからね!
30 31  
シリンダー・シリンダーヘッドを規定トルクで組み立てます。
本日はここまでで作業終了です。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

SRXキック復活その4!

お久しぶりです、ブログ復活です。
今回は、キャブレターとブレーキ編です。
69 66  
取り付いていたキャブレターは、写真のように使えません!
72  
程度の良いキャブレターをオーバーホールして使います。
キャブレターセッティングで一番最初に調整するところが
油面の調整です。
この調整が狂っていると、正確なセッティングが出来ません。
油面調整は、フロートの高さ調整と、写真のようなガソリンの位置
調整が有ります。
ガソリンの位置調整の方が、正確だと思います。
28 62  
ブレーキは、キャリパーピストン・シール交換
マスターシリンダーもピストン・シールの交換をしました。
次回は、車体回り編です お楽しみに!

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ