« ビレット(削りだし)パーツ! | トップページ | GR650キャブセッティング! »

2018年10月 6日 (土)

カワサキZRX1100車検整備!

SRX600キックも所有のお客様のZRX1100車検依頼です。
 
12か月点検プラス、クラッチオイル・リヤブレーキオイル
クーラント・エアークリーナ交換依頼です。
 
 
04
 
クラッチマスターシリンダー内を綺麗に拭き取ります。
 
 
05
 
オイルをマスターに入れて、クラッチシリンダーからオイルを
抜き交換します。
 
 
08
 
レバー回りもグリス切れでしたので、清掃・グリスUPです。
動きが軽く良くなりました。
 
 
12
 
リヤブレーキのオイルも交換しました。
フロントは、少し前にラジアルマスターに交換しましたので
今回はパスです。
 
 
16
 
クーラント液の交換も行いました。
ラジエターキャップを外して、ドレンから抜きます。
クーラント液の交換は、ラジエター内のエアー抜きを
しっかり行わないと、オーバーヒートをなどトラブルを
起しますので、しっかりと整備します。
 
 
14
 
プラグも点検・清掃です 4気筒同じ焼けになる事は
有りません。
この程度の焼け具合でしたらOKです。
 
 
13
 
エアークリーナーも社外品でしたので、純正部品に交換です。
 
 
15
 
エンジンが暖まると、始動性が悪くなったので、スタータ
リレーも交換しました。
暖めてテストしました 良くなったと思います。
 
 
車検豆知識!
車検証に記載されている、幅・高さ・(長さあまり測らない)
を、検査員が測定します。
許容範囲は
幅でプラス・マイナス2㎝、高さでプラス・マイナス4㎝です。
 
01
 
今回高さが、範囲より低かったためマスタータンクを上に
持ち上げました。
 
 
02
 
高さは、地面から車体で一番高い所を測ります。
ミラーは後付け部品ですので、高さ・幅寸法には入りません!
カウル・スクリーンは申告すれば、カウルスクリーンの一番
上が車検証の高さ寸法になります。
この車両は、高さ寸法はスクリーンで無く、ハンドル周りで
申告でしたが、何故か低かったのでマスタータンクを少し
上に上げました。
車検検査は、いろいろ約束ごとが有りますので、認証工場に
お任せ下さい!
 
 

|

« ビレット(削りだし)パーツ! | トップページ | GR650キャブセッティング! »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビレット(削りだし)パーツ! | トップページ | GR650キャブセッティング! »