« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月28日 (水)

講習・ツーリング!

自動車認証工場は、年2回検査主任講習があります。
二輪は二輪工場専門の講習になります。
 
01
 
今回技術講習は、スズキ・ホンダを受けました。
講習車はGSXRとCBRです。
写真は、GSXRのミッションです、カートリッジタイプで
脱着可能です。
 
 
 
07
 
GSXRはショーワ製フロントフォーク・ブレンボラジアル
キャリパー・ブレンブディスクプレート。
 
 
 
10
 
CBRは、オーリンズ製フロントフォーク・ブレンボラジアル
キャリパーです。
ホンダがショーワ製フォークとニッシンキャリパーと言う
イメージですけどね!
 
 
 
12
 
エンジンはもちろん、ブレーキ・サスペンションすべて
コンピューターで管理されています。
診断器が無いと整備は出来ません!診断器も何か
不具合があると、故障個所は分かりますが、アッセンブリ
交換になります。
 
 
 
03
 
11月26日(月)定休日にコンピューターとは縁のない
GR650で山中湖・箱根方面にツーリングです。
写真は、雪を少しかぶった山中湖からの富士山。
 
 
 
13
 
コースは、道志道・山中湖・御殿場(昼食)・長尾峠・
芦ノ湖・西湘バイパスで帰宅。
箱根は紅葉が綺麗でしたね!気持ち良く走れました!
写真は、芦ノ湖近くのホテルにて!
 
 
 

| | コメント (2)

2018年11月24日 (土)

充電不良!

 
90021
 
CS90リヤタイヤをブロックパターンに換えました。
猿ケ島でトライアル遊び・林道ツーリングと この冬
CS90はトコトコ走る!オフロード仕様です。
 
先日、CS90でツーリングの時 宮が瀬北側のトンネルの
電気が工事か?何かで消えていて、トンネルはカーブ
している・目はなれていない・ライトは6Vで暗い、久ぶりに
怖い思いをしました。本当に真っ暗でした!
 
 
02
 
ゼファー750のバッテリー上がり・充電不良です。
 
 
 
01
 
バッテリーの電圧は10Vちょっと これではセルは
回りません!
 
 
 
10
 
充電不良には、いろいろな原因が考えられます。
 
バッテリー不良 電気を貯めておく能力が無くなる
レギュレター不良 発電した電気をコントロールできない
発電機(ステーター)不良 発電しない
 
 
 
09_2
 
今回は、バッテリーは問題なく充電できました。
ステーターコイルの配線が写真のように破損して
いたので、コレクターを何とか手配して修理しました。
 
 
 
13
 
配線を、修理しても電圧は上がらないので、レギュレターを
交換しました。
レギュレター不良で、配線が破損した可能性があります。
 
 
 
14
 
4000回転で14.5V 直りました。
この写真撮るの難しいのです、片手でアクセル
片手でカメラ、振動でぶれているのをうまく撮る!
 
 
 
04
 
バッテリーに挟まれて、被服がめくれていました。
 
 
 
12
 
ここも修正して、掃除もしておきました。
エンジンが突然止まるトラブルは未然に防げたかな!
 

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

スズキTF125知ってますか?

 
01
 
写真のオフロード車は現行モデルの新車です。
お客さまが、雪道を走るのにいいかな~と思って
購入しました。
 
 
 
02
 
エンジンは2サイクルでシンプルなキャブレター仕様。
アンダーガードは鉄パイプ!
 
 
 
06
 
ヘッドライトプロテクターも鉄パイプ・グリッププロテクター
も鉄パイプ!
ドライブチエーンテンショナーも鉄板です、鉄尽くしです。
鉄は、転倒して曲がっても折れることなく修正できる利点有り!
サイドスタンドは、左右両側に付いています。
 
 
 
03
 
デカいリヤキャリアの下には小物でも入れるのか?
ケースが付いています。
 
 
 
05
 
シートは、一人乗りで横開き、ここに工具がセット
されています。
 
ここからは、お客様の情報です。
日本で製作して、オーストラリアなど海外に輸出牧場
などの乗り回すようです!
電装は6ボルトだそうです。
ハンターカブの中古車も考えていたそうですが、旧車には
不具合が付き物で、価格も変らないので新車にしたそうです。
ちなみに、乗り出しで40万円弱です。
30年以上前仕様の車両です。
 
 
 
08
紅葉狩りツーリングに行ってきました(道志道迂回路にて)
 
CS90もそうですが旧車は、全部が古く疲れています。
発電用のマグネットの磁気が弱くなり充電電圧が落ちて
いますので、バッテリー上がり、またキャブの不具合など
悩まされます。古いですからね!
6ボルトでも、新車なら問題なく乗る事が出来るでしょう!
メイド イン ジャパンですしね!
 
 
 
 

| | コメント (1)

2018年11月18日 (日)

寒さ対策!

今年は、暖冬だそうですけど!対策しておきます。
対策するのはツーリングなど、いちばん頻度の多い
GR650です。
 
01
 
プロトのグリップヒーター税抜8.000円を選びました。
スイッチ別タイプです。
 
 
 
02
 
このグリップヒーターは、グリップ長115mmから
130mmまで対応です。
 
 
 
04
 
左側グリップは問題なしですが。
スロットル側ガイドパイプが、写真のように出っ張りが
付いています。(グリップ空回り防止対策)
 
 
 
05
 
出っ張りがあるとヒーター用グリップが付かないので
旋盤で、加工しました。
 
 
 
06
 
スロットルのオン・オフしても問題ない位置に配線を
合わせます。
 
 
 
07
 
ハンドルにスイッチを取り付けます。
 
 
 
08
 
グリップ・スイッチなどを取り付けて、配線をタイラップ
などで、不具合が出ないようにセットします。
今回、電源はライトケース内のメインスイッチ配線から
取りました。
 
 
 
10
 
スーパーカブや原付スクーターに取り付ける、ハンドル
カバーは、最後の手段として今回は、風を避けるカバー
を大きく改造して冬を乗り切ろうと思います。
 
 
12
 
19日にイーハトーブの森に行く予定でしたが、仲間の
都合が悪くなったので、まだ寒くないうちに寒さ対策を
していないCS90でツーリング予定です。
CS90の寒さ対策は、ハンドルカバーですかね~
カッコ悪~
 
 
 

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

SRX整備!

車検依頼のSRXの整備です。
整備前に、お客さまからのご希望を聞くのと、試乗して
作業内容を決めます。
今回、オイル・フィルター交換ご希望で、後は通常車検
整備です。
 
01
 
SRXには、オイルを抜くドレンボルトが、エンジン側と
オイルタンクに有ります。
写真右中がエンジン側、左中下がオイルタンクドレンです。
ドレンバルトのガスケットは必ず交換します。
 
 
 
02
 
フィルターも交換します。
オイルを入れたら、フィルターカバー上のM5mm
スクリューを2回転くらい緩めて、スクリューから
オイルが滲み出ていれば、フィルター室にオイルが
回っていることが確認できます。
 
 
 
05
 
点検時、不具合が見つかれば修正します。
依頼車は、アップハンドルに換えていますので
ノーマルのクラッチケーブル取り回しですと、右に
ハンドルを切ると、ケーブルを引っ張ってしまいます。
左フォーク右クランプに通さない。
 
 
 
10
 
ノーマルハンドルもクランプに通さないと、少し
クラッチレバーの握りが楽ななります。
 
 
 
07
 
クラッチ・スロットルケーブルには給油します。
 
 
 
09
 
プラブに焼け具合を点検して、清掃もしくは駄目なら
交換します。
プラグを外すときは、エンジン右側からエアーガンで
プラグ周りの、ごみを吹き飛ばしてから外します。
 
 
 
06
 
作業には、エアークリーナーの点検・清掃駄目なら
交換ですが、依頼車は写真のようにエアーファンネル
ですので作業なし!
エアーファンネルですと車検ではダメ!ですけどファンネル
に、網が付いているのでOKです。
 
その他
キャリパーはエアーガンでほこり・ごみを清掃
ドライブチエーン点検・調整・給油
バッテリー充電・充電量点検
タイヤエアー調整
レバー・ペダル給油
マフラー音量測定
ヘッドライト光軸調整
車検書記載の幅・高さ点検・修正など
上記の作業を致しまして車検場に検査に持ち込み
検査合格受けて、お客さまに納車します。
 
 
 

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

中間に誘われて!no2

YT250Rを組み立てました。
 
Ty250r10
 
600#ペパーで磨き修正したシリンダーを組み付け
ました。
 
 
 
Ty250r11
 
キャブレターも久しぶりに乗るので清掃しておきました。
 
 
 
Ty250r13
 
 
猿ケ島までは、行けなかったので近所の河原で
控えめに試乗です。
 
音はかなりうるさいけど、まあまあ~無難に
走行できました。
イーハトブの森 楽しみで~す。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

お得な!セット販売

ハヤシカスタム オリジナルカム・ピストンセット販売です。
 
Hc1
 
SRXオリジナルハイカムシャフト。
価格・・・・65.000円(税抜)
 
 
 
Hc2
 
SRXオリジナルハウコンプレッションピストンキット。
価格・・・・40.000円(税抜)
 
 
 
Hc5_2
 
ハイカムシャフト・ハイコンプピストンキットセット。
セット価格・・・・100.000円(税抜)少しお得です。
 
 
 
07
 
ハイカム・ハイコンプピストンでチューニングした
SRX400試乗車です。
大変 乗りやすく面白いエンジンに仕上がっています。
なにが?面白いか、エンジンパワーを使いきれる!
峠などでパワーを使いきれることは、楽しいですよ!
 
SRXオリジナルハイカムシャフトはHCホームページSRX
エンジン・排気系に詳しく紹介しております。
 
SRXオリジナルハウコンプレッションピストンキットは
HCホームページブログ2017年6月18日・7月7日 11日
にこちらも詳しく紹介しております。
新品パーツも Used Partsに紹介しています。
 
 
 
1
 
これは?何を作るのでしょうか?
 
 
 
2
 
外に向けて、モトGPなどを観れるようにモニターを載せる
台を作りました。
少しでも関心を持ってくれるといいのですがね~
 
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

中間から誘われて!

中間からイーハトーブの森に行きましょうと誘われて
TY250Rを久しぶりに乗れるように整備です!
 
Ty250r01
 
しばらくほったらかしだしたので、シリンダーを外して
見ました。
 
 
 
Ty250r04
 
ワァ~ シリンダーが錆びています!
 
 
 
Ty250r02
 
ピストンは、焼き付き・キズなど無く使えます。
 
 
 
Ty250r08
 
シリンダーはもちろん新品は販売中止!
一年に2回ぐらいしか乗らないので、今回は
600#ペーパーでシコシコサビ落とし!
エンジン音は出ると思いますが、クローズコースを
トコトコ走るので、これで組み立てて走行してみます。
 
先ずは、近くの猿ケ島でトライアル試乗です。
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

好みにサスセッティング!

 
Img_0844
 
今年最後のクラブSRXマンスリーは、国府津サービス
エリヤまで行きましたが、天気が悪くなるので中止でした。
私は、早めに店に戻ってSRXフォークの組立です。
 
 
 
Img_0846
 
月曜定休日 日曜日走り足りなかったので、
伊豆ツーリングに行ってきました。
雨が降ったり、路面はハーフウエットでいまいち
ツーリングでした。残念!
残念と言えば!モトGP ヤマハロッシ残念!!!
 
 
 
09
 
フォークオイル漏れと、フアフアで乗りにくい!
と、お客さまから修理依頼です。
写真はオーバホール後の写真です。
 
 
 
06
 
いつものように、一つ一つ綺麗に清掃します。
 
 
 
04
 
たて傷と小さな傷がありましたので、磨いておきました。
 
 
 
05
 
今回サスがフワフワとの指摘ですので、写真上
のWPプロラインを、組み付ける作業です。
WPプロラインはどちらかと言うと、固すぎと言う方が
います。
 
サスセッティングには各自色々な好みが有りまして
これだと、決めつけるのも問題です。
基本に従い、作業を進める事が大切です。
サスが柔らかいからと、むやみに硬いスプリングに
変更するのは勧めません!
でわ、硬めのスプリングに変更した方が良い時の
事を、お話します。
(これからの話は、私の個人的なお話です)
 
 
 
01
 
依頼車のWPリヤサス車高調整で、サスを長くして
リヤの車高を上げています。
ノーマルと比べると3.5㎝!
SRXセルは、サス長を1㎝長くすると、車体は2.5倍
ぐらい上がります。
3.5㎝車高を上げているとフロントフォークに負担が
かかります。
 
 
 
02
 
写真は、試乗車SRXのWPリヤサスです。
車高調整はゼロ一番低い位置です、これでも
ノーマルサスより、車高で1㎝高くなっています。
(なぜ?ノーマルサスと一番短い時WPは同じ長さに
しなかったのかな?)
 
 
 
13
 
私が、ショートサーキットで遊ぶTZR50Rです。
フォークをアッパーブラケットより、上に突き出して
います、この作業がフォーク突きだし量何mと言います。
 
TZR50Rは、基本はゼロです。
ゼロですと旋回性が悪く曲がりにくく感じます。
(普通の走行では、問題なし)
1mm 2mmですと変化が分からないので、30mm
ぐらい変えるとハンドリングが切れ込みやすくなり
シャープになり、良く曲がるようになります。
しかし、フロントタイヤの負担が多く、走り込んでくると
フロントタイヤが、滑るようになり転倒の危険が生じます。
(何回も転んでいる!)
そこから1mmづつ突き出しを量を変えて、一番良い所を
探ります。
今は、27mm突き出しています。
フォークスプリングの強化・フォークオイルを色々試し・
フォークにエアーバルブを加工して取り付けフォークの
硬さを調整します。
突き出し量をこんなに変えると、ノーマルフォークの
硬さでは、弱すぎます。
 
 
 
12
 
依頼車SRXは、リヤ車高が3.5㎝高く・バックステップ
仕様で、前荷重となりフォークオイルも漏れていて、
余計にフロントフォークに違和感を感じたのでしょう。
フロントフォークスプリングを固めの物に交換して、
リヤサスのプリロードも、お客さまの体重に合わせて
セッティングして、実際に走行して頂き細かな調整を
行います。
 
サスセッティングは、各自の好みがあり体調などで
感じ方が変わります。
敏感に気にし過ぎろといつまでも決まらず、年がら年中
セッティングをしている事になります ほどほどに!
キャブレターセッティングも同様です ほどほどに!
基本にノーマルセッティングあり!
どのように走りたいのかなど、相談いただければ
より良いカスタムお手伝いいたします。
 
 
 

| | コメント (1)

2018年11月 3日 (土)

ヤマハXT500売ります!

ヤマハXT500です。
書類は在りません!
部品取り・クローズコースでのオフロード走行などに
いかがですか!
エンジン・車体問題ありません!
登録出来ればもっと高く売れるのにね~
 
5001
 
フロントフォークはヤマハセロー225です。
ノーマルフォーク・ホイールも在ります。
 
 
 
5002
 
マフラーなどフォーク以外はノーマルです。
 
 
 
5006
 
タンクは、こんな感じです。
タンク内サビは在りません!
 
価格は税抜で 100.000円です。
Used Bikeでも紹介します。
 
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

スロットルグリップの種類!

CS90で紅葉狩りツーリングに行ったとき、スロットルを
回すのが重く感じ分解・清掃・給油を行いました。
 
 
90018
 
CS90のスロットルケーブルは、ハンドルの中を
通っています。
 
 
 
90011_3
 
分解したら、こんな状態でした。
スロットルが重い訳だ!
 
 
 
90015
 
ハンドルに長い溝(穴)があり、プレートがケーブルを
スライドして引きます。
 
 
 
90017
 
指で動かして、動きの確認です。
ケーブルにも給油しました。ケーブル給油忘れずに!
 
 
 
90016
 
グリップの中にらせんの溝加工がしてあります。
上の写真で、指をかけている溝に、グリップの溝が
スライドして、プレートを動かします。
 
 
 
90020
 
今は、このグリップ方法は在りません!
今は、グリップにケーブルを巻き取る方法です。
CS90の方式を、巻き込みグリップと言い
今の方式を、巻き取りグリップと大昔は区別して
巻き取りグリップはスポーツバイクに使用されていました。
 
巻き込みグリップは、写真のようにスロットル開度も多く
90度以上あり、手を放してもスロットルは戻りません。
スポーティーでは、ありません!
少年時代は、巻き取りグリップに憧れていました。
 
ハンドルスイッチの配線もハンドルの中に納められて
今はスッキリしていて、好きですね!
 
 
90009
 
タンクキャップも新品に交換しました。
 
 
かみさんのアクシスがスピードが出ないとの事なので、
修理です。
 
0
 
プーリーとカラーはガタが出ていて、ウエイトは写真のように
破壊していました。
 
 
 
1
 
加速重視に、ウエイトを加工!
 
 
 
2
 
2g軽くなり、かみさんには行っていませんが!
速くなったと喜んでいました~
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 1日 (木)

スペシャルSRX売ります!

新たに、スペシャルSRXを製作いたしますので
ハヤシカスタムSRXをお譲り致します。
 
01
 
試乗した方も多いと思います、スペシャルSRX400
改です。
車検は平成32年7月
 
カスタムパーツ
01 エンジン400ハイコンプピストン・ハイカムシャフト
02 キャブレターFCRΦ35
03 マフラーHCオリジナル
04 クラッチHC油圧シリンダー・ラジアルマスター
05 エンジンスライダーHCオリジナル
06 Fブレーキモスキャリパー・ブレンボラジアルφ16
07 ACEマルチスピード・タコメーター
08 ミニカウル・カーボンメータカバーシンプルさん製
09 FフォークNAGさん製ねこ足
10 RブレーキHCオリジナルブレンブフローティング
11 RサスペンションWP
12 ステップHCオリジナル
13 Rフェンダーレス
14 タイヤDαー13・ホイール白ペイント
15 ウオタニSPⅡ
 
04
 
ハイコンプ400ピストン・ハイカムエンジン
キャブはFCRΦ35
 
 
 
10
 
メーターはACEでシンプルさんのカーボンケースと
ミニカウル、フォークにNAGさんのねこ足キット取り付け
 
 
 
08
 
リヤサスはWPです。
 
 
 
09
 
リヤブレーキは、HCオリジナルのブレンボカニキャリパー
仕様のロックしにくいフローティングブレーキです。
 
 
 
05
 
HCオリジナルマフラーとステップ
 
 
13
 
タイヤはダンロップα-13ほとんど新品。
ホイールは白で塗装
 
車両価格  600.000円(税別)
登録諸費用  20.000円(税別)
いつもベストコンディションを保っております。
 
SRX400セルの中古車相場が乗り出しで
30~40万ぐらいですので、これだけ良いパーツが
取り付けて有って、この価格は魅了く的ですね!
 
Used Bikeにはもっと写真を多く紹介しますので
ご覧ください!
 
 

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »