メンテナンス

2018年9月12日 (水)

バイアスからラジアルへ!

涼しくなりましたね~と言うより半袖だと寒いくらいです。
 
 
Photo_2
隣りのお寺には、彼岸花が出ていました。季節は移って
いますね!
 
 
01_2
SRX試乗車のタイヤ(バイアス)が減ってスリップラインが
出はじめました。
バイアスタイヤでも、グリップ性能に優れたBT-92で
したが、どうも倒し込にいまいち不安が有り次回は、ラジアル
ハイグリップタイヤと思っていた時、お客さまより譲って頂き
ラッキーと交換です。
 
 
03
ついでにホイールもホワイトペイントものに交換です。
リヤホイールはベアリングが錆びついていましたので
ベアリングとオイルシールも交換しました。
 
 
04
譲って頂いたタイヤはダンロップα―13です。
グリップは良いのですが、減りが早いかな?
椿ラインの朝練に良く行くお客さんが、すぐに減って
しまったとダンロップにこぼしてましたからね~
 
今月のクラブSRXマンスリーは、不参加でしたので
来月のマンスリーがデビューですかね!
 
 
06 07
ノーマルホイールとホワイトホイールの装着比較写真です。
どちらが良く見えますか?
わたしは、ノーマルホイールですかね~
なんか、落ち着いた雰囲気が良いかな!
 
 
 

| | コメント (1)

2018年9月 8日 (土)

モトGP観戦できます!

 
 
 
Photo
友達からテレビを譲って頂いたので、お店で録画したモトGPなど
モータスポーツをメインに観られるようにします。
日曜日の午後に好きな連中と観戦!修理待ち時間に観る!
今日はこれからサンマリノ13戦予選です。
自宅に帰って観戦です。
 
明日はクラブSRXマンスリーですが、私は残念ですが用事が
有り、不参加です。
 
 

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

エアーバルブ!

金曜日夜に38度超えの熱が出て、土曜日午中は
お客さまと約束が有り、午後から早退して日曜日は
休養を取り、本日やっと動けるようになりました。
それと、ココログブログも広告に移動する、不具合も
スマホ以外は解消したようです 原因は不明です。
でもまだ スマホが~直っていない!
 
 
1
フロントフォークにエアーを入れて、エアー圧を測る
キジマさんが扱っているポンプゲージです。
 
 
2
使い方はごく簡単で、写真の用に指で押さえてゴムポンプを
握ってエアー圧を調整します。
ところが、お客さまが「エアーが上手く入れられない」との事
ゲージを返品交換しても同じとの事!
 
 
4
ゲージとバルブを点検してみました。
エアーバルブに長さが違う種類が有ったのです。
 
 
3
短い分 ムシが出過ぎています。
 
 
04
これでは、ムシに邪魔されてゲージのゴムがバルブ淵に
当たりません!エアーが漏れます。
 
 
5
バルブを長いのに交換するか、ゲージを合うようにゴムの
内側に、ワッシャーの厚みを調整して、長いバルブも短い
バルブにも使えるように、ゲージを調整するかです。
今回、ワッシャーを製作して長短バルブに合うようにして
お渡しします。
 
 
 

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

ドライブチェーンの調整!

先日、オイル交換を行ったSRXのドライブチェーンが張り過ぎ
でしたので調整方法を説明します。
 
42_3
リヤホイールをジャッキなどで浮かしてチェーンをウエスで拭きます。
 
43  
チェーンオイルを塗布します。回して浸透したらまたウエスで拭き取ります。
 
41  
指で、たるみを点検します。調整範囲は1.5㎝~2㎝ですのたるみが多ければ調整です。
 
48  
リヤアクスルシャフトナットを緩めます。緩め過ぎに注意!
 
47  
チィーン引きナットを締める方向に回して調整します。
 
50  
指で押えない状態から指で押さえた状態をスケールで
1.5㎝~2㎝にたるみを調整します。
 
49  
ナットを締める時は、チェーンを手で押さえてホイールが
ずれないように、締め付けます。
トルクレンチで締める事!
 
以上がチェーン調整の基本手順です。車高を上げている車両等
は遊び範囲が多くなりますので要注意です!
左右の調整は、スイングアームの印に合わせて調整します。
チェーンラインを後ろから見てFスプロケットとRスプロケットが
チェーンラインで真っ直ぐな事を確認しますこれでOKです。
 
フロントタイヤとリヤタイヤが一直線になるように調整すると
言う人がいますが、私も挑戦しましたがフロントタイヤを
止まっている時に、進行方向に固定することが出来ません!
どのように調整するのか、今度聞いてみます!
 
 

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

リヤサス不具合!

今日は、厚木市アユ祭り花火大会です。神奈川県でも指折りの
花火です。
でも、私はモトGPチェコの予選を、観るので帰ります。
 
Gsxr03  
車検で整備・検査が終わり、試乗しましたらリヤが沈んだまま
上がってきません!
多くのサスペンション不良は、オイルが抜けてダンパー不良です。
戻らない無いので、リンク回り・スイングアームのベアリング固着
かと思いましたが、サスペンション不良でした。
プレスにセットして目いっぱい沈めて、圧を抜くとストロークの
半分ぐらいは戻りますが後は戻りません!
放っておくと戻ります(完全には戻らない)何回か繰り返しましたが
結果は同じでした。
オーバーホール不可のサスですので交換です。
Gsxr05  
リンク回りを清掃・グリスアップして組み立て待ちです!
Gsxr04  
ノーマルサス(分解不可)・・・87.048円(税込) 在庫有り
YSSサス・・・・71.280円~95.040円(税込) 納期2か月
ナイトロンサス・・・・102.600円8税込) 納期3週間
価格を調べたら、上記のようになりナイトロンサスになりました。
ノーマルサスが意外と高い、15.000円ぐらいの差額なら
性能も良い・オーバーホールも出来る社外サスペンションで
決まりですね!
 
 
 

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

SRXキックオイル交換!

01  
SRXキックのオイル交換の手順です。
02  
チェンジリンクを外しておくと、エンジン側ドレンボルトが
外しやすくなります。
03 04  
この工具知ってますか?車載工具に入っていたと思います。
右の写真の用にマフラーにオイルがかからないようにする
工具です。
05  
オイルタンクから抜くときスプロケットカバーにオイルが
付かないようにガムテープなどでカバーします。
06 08  
オイルフィルターも交換ですので、フィルターキャップ内の
オイルも抜きます。手に持っているM5のスクリューを外し
フィルターキャップの下のスクリューをネジを完全に外して
抜かないで、刺しておきます。
フィルター室のオイルは拭き取ります。
07 09  
ドレンガスケットは必ず交換です。
O-リングなどは潰れているようなら交換します、今回は
フィラーキャップO-リングは交換しました。
10  
オイル缶からオイルジョッキーに移します、オイル缶に
余すことなく移しましょう!
11_2  
キックの交換オイル量は、2.0L~2.1Lです。
1.5Lぐらいオイルタンクに入れます。
エンジンを始動して、オイルが回っているか確認します。
写真の用に、フィルターキャップを緩め(1mmぐらい)
オイルが滲み出てくればオイルは回っています。
12 13  
エンジンを暖機して(走行するのが早い)SRXを直立のして
エンジンを2分間止めてから、オイルゲージでオイル量を
確認します。
2.0L入れれば、ゲージFのところになります。
フィルター交換時は2.1Lです。
ゲージFからEの範囲にオイルが入っていればOKですが
交換時はなるべくF(フル)まで入れておきましょう!
自分で作業するのもいいのですが、手間もかかりますし
廃油処理などもありますので、ハヤシカスタムにお任せ
下さい。
 
8月1日・2日はお休みさせていただきます。
 

| | コメント (1)

2018年7月29日 (日)

キャブヘリサート修正!

台風が通過してまた熱さがぶり返しましたね前ほどでないけど!
1  
CB400Fのキャブレターヘリサート修正作業です。
キャブセッティングで何回もジェット類を交換するので
ネジが舐めてしまいました。
2  
ネジもまっすぐ入り、上手にできました。
3 4  
CB400Fのメインジェットはねじ込みではなく、板バネで
フロートチャンバーで押えていました。
Gsxr  
スズキGSX-R750車検依頼で引き揚げです。
軽トラなくても何とかなります!

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

スズキGR650を油圧クラッチに!

本日、厚木市は最高気温30℃で連日の暑さに比べると、すごし
易かったですね~
今回は、オリジナル油圧クラッチシリンダーを、GR650に
取り付けました。
シリンダーが収まるスペースが有ればどの車種にも取り付け
可能です。
01  
GR650は、クラッチレバーが遠くて250キロ下道を走ると
指の付け根が痛くなりました。(軟弱になっている?)
02  
シリンダーを取り付けるスペースは、確保できそうです。
03  
SRから取り外した、キットを使用します。
マスターシリンダーはブレンボ13φクラッチマスターです。
04  
ノーマルクラッチホルダーを外します。
ミラー・グリップ・バーエンドは、また使用します。
05  
マスターシリンダーを仮付けします。
06  
油圧シリンダーキットも仮付けして、クラッチ調整を行って
おきます。
08 07  
マスターシリンダーから油圧シリンダーにホースを取り回し
良く取り付けます。
フリュードを入れてエアー抜きを行います。
10 11  
取り付けた写真です。
09  
試乗しました、ノーマルよりレバーは近くになり、ブレンボ
13φを使用しので、軽く握れるようになりツーリングで
手の痛みは軽減できそうです。
油圧シリンダーをお考えのお客さま、車種問わずご相談
ください、エンジン側クラッチのレバーまわりの写真が
有りますと、取り付けられるかの判断はお伝えできると
思います。
ご連絡待っています!
 
 

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

オイルシール交換!

SRXキックのオイルシール交換です。
52  
ケースカバーを取り外しての作業となります。
古いシールを外します、私は製作した工具を使用しますが
マイナスドライバーでケースにキズを付けないように注意して
外しましょう。
53  
ケースシールが入る所はペーパーで、カスなど綺麗に修正します。
削り過ぎに注意!
54  
ケース側とオイルシールにラバーグリースを塗布して、出来るだけ
指で圧入しましょう、叩いて入れると失敗することが多いので注意!
作業経験の無い人は当店にご依頼ください!お待ちしております~

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

キャリパーモミだし清掃!

イヤー昨日は、40度越えで異常でしたね!ツーリングに出かけようと
支度して、表に出たのですが、タダタダ熱いのを我慢するツーリングに
なると思い中止にしました。家でエアコンかけて、ビデオ三昧です。
01  
セロー250のリヤブレーキパット交換とピストンモミだし清掃作業です。
02 03  
セローはホイールを外さないと、キャリパーも外せません!
04  
ピストンを清掃しながら、出したり引っ込めたり数回繰り返し
ます。ピストンは指で押して引っ込めて、ブレーキペダルで出します。
05  
外した部品は、洗浄して組み付けます、写真撮影のため並べて
います。
06  
プレートも清掃して、グリスアップします。取り付けてはみ出た
グリースは綺麗にふき取ります。
07  
ブレーキパットも交換しました。
08  
ホイールを取り付け、規定トルクで締めてから、ホイールを
回しながら、ブレーキペダルを作動させて、キャリパー・パットの
センターにディスクプレートがなるようにして下さい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

other machine | SR | SRX | イベント | パーツ | メンテナンス | 日常