メンテナンス

2019年1月14日 (月)

整備いろいろ!

 
車検・点検整備を行っていますと、いろいろな事が
あります。
 
P1090798
 
車検依頼のSRXキック、タイヤの溝は在りますが
写真のように、サイドにひび割れだ多数あります。
2011年後期のタイヤです。
7年前のタイヤとしては、劣化が早い気がします。
メーカー・種類によって違いますね、私のCS90に
履いていたBSアコレードは、20年前のモノ、多少硬く
なっていましたが、ひび割れは在りませんでした。
 
 
 
Photo
 
違う車両での車検ですが、やはりSRXキック。
エアークリーナを点検のため、外したら写真のように
壊れていました、在庫の中古ほんと変えました。
 
 
 
P1090994
 
ホイールシャフトの交換で預かったSRXキックです。
バッテリーマイナス端子が写真のように白く粉が吹いて
いました。依頼はされていませんが、綺麗に掃除して
補充液も入れておきました。
 
 
 
P1090988
 
フロントマスター交換依頼で入ってきたV-MAXです。
空気圧を調整したのに、2~3日すると車両を押すの
が重く、エアーが抜けていました。
パンク修理の後があります。
 
 
 
P1090989_2
 
やはり!修理したところから漏れていました。
 
P1090992
 
修理して、エアー漏れのチェックです。
修理依頼受けたところ以外での修理は、簡単・金銭
の問題の無い作業は、お客さんの了解なく処理しますが
交換の時は、お客さんの了解を得て作業します。
 
いろいろありますよ!
 
 
 
 
P1090801
 
明日15日トレーラーの車検に行ってきます。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

オーバーホールより交換!

 
01
 
大昔!ハヤシカスタムでカスタムを行ったV-MAXです。
 
 
 
06
 
久しぶりに乗ったら、ブレーキがふかふかで効かない
ので、オーバーホール依頼でしたが、今はラジアル
マスターが主流で性能も良く、ニッシンならお手頃
価格ですので、交換をお勧めしました。
 
 
 
07
 
交換して試乗しました。
効きはもちろん、コントロール性も良くなり正解ですね!
まだオーナーは、乗っていません!
 
 
 
05
 
このV-MAXのリヤタイヤのサイズは200/50-17です。
オーナーの希望です。
写真は、太いタイヤを履かせるために、オーバー
レーシングのスイングアームを加工して、タイヤギリギリ
までスイングアームを削って溶接しています。
ホイールもPVMの特注です。
いや~ 良く作りました!
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

SR寒さ対策などなど!

SRインジェクション仕様車 車検とフォークオイル交換と
寒さ対策でグリップヒータ取り付けです。
 
01_3
 
フォークを外して逆さにしてオイルを出来る限り抜きます。
 
 
 
02
 
走行距離は27000キロで、オイルは赤色なので純正
オイルですので、今回が初めてのオイル交換かもしれ
ませんね!
オイルの汚れ方は良い方です。
 
SRはSRXと比べるとフォークブーツが付いているので
SRXのように頻繁には漏れないので、まずオーバーホール
は行いません!
SRのフォークオイル交換は定期的に行いましょう!

 
 
 
03
 
グリップヒーター取り付けです。
先ず、電源を取る所を探します。
テールランプ電源はETCに使っています。
 
 
 
04
 
左側はフェールポンプが鎮座してますので電源を取る
所は有りません!
 
 
 
07
 
リヤブレーキスイッチから取ろうとテスターで調べると
ブレーキスイッチがオンの時しか、電気が来ません!
テールランプから取ることも考えたのですが、ETCに
不具合が出るのを避けるために、グリップヒーターは
単独で電源を取る事にしました。
 
 
 
09
 
メインスイッチから電源を確保しました。
この車両は、LEDバルブに変更していますので
ライトケース内に配線が収まるか心配でしたが何とか
収まりました。
SRインジェクション車はキャブ車と違い電源を取り出し
にくいですよ!
 
 
 
05
 
グリップをヒーターのモノと交換します、SRのスロットル側
パイプは、出っ張りがあるので旋盤で削り取ります。
 
 
 
11_2
 
温度調整スイッチを取り付けて完成です。
 
 
 
12
 
車検が切れていましたので、トレーラーの出番です。
トレーラーで車検場に行くと、必ず『トレーラーが欲しい
が、いくら位かかるのか?』と声を掛けられます。
もう軽トラを廃車しましたので、トレーラーの出番が
多くなります!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

クラッチ滑り!

12
 
GR650が前から、クラッチが滑る症状が出ていました。
先日のツーリングで、症状が悪化したので、分解点検を
して見ました。
 
 
 
650069
 
クラッチプレート(鉄)少し滑った跡があります。
 
 
650070
 
フリクションプレートは、5万キロ走行してますし、年数も
年数ですので、こんなものかと思います。
 
 
 
65074
 
お客様の修理依頼でしたら、すべての部品は交換します。
今回は、私の車両ですし、クラッチすべりの実験をします。
 
 
 
650071
 
クラッチプレート(鉄)の組み付け方に間違いがあるので
正しく組み立てます。
クラッチプレートはエッジがたっている方を手前
(クラッチを握った時に動く方向)に組み付ける。
 
それからクラッチスプリング強化のために1.8mmの
ワッシャーを組み込みます。
 
 
 
65075
 
スプリング強化ワッシャーは、写真のようにスプリングの
下に入れます。
 
 
 
65076
 
クラッチを組み立てて、ガスケットを綺麗に剥がして
カバーを付けて終了です。
試乗しましたが、今はクラッチ滑りなど問題は有りません!
1000キロ以上走行してどうかですね?
お客さま依頼の修理で、パーツを交換しないで10000キロ
走行以内で滑り出したら、お店の信用なくしますよね!
自分の車両でテストですね、かなり滑っていましたから
良い実験です!
 
 

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

充電不良!

 
90021
 
CS90リヤタイヤをブロックパターンに換えました。
猿ケ島でトライアル遊び・林道ツーリングと この冬
CS90はトコトコ走る!オフロード仕様です。
 
先日、CS90でツーリングの時 宮が瀬北側のトンネルの
電気が工事か?何かで消えていて、トンネルはカーブ
している・目はなれていない・ライトは6Vで暗い、久ぶりに
怖い思いをしました。本当に真っ暗でした!
 
 
02
 
ゼファー750のバッテリー上がり・充電不良です。
 
 
 
01
 
バッテリーの電圧は10Vちょっと これではセルは
回りません!
 
 
 
10
 
充電不良には、いろいろな原因が考えられます。
 
バッテリー不良 電気を貯めておく能力が無くなる
レギュレター不良 発電した電気をコントロールできない
発電機(ステーター)不良 発電しない
 
 
 
09_2
 
今回は、バッテリーは問題なく充電できました。
ステーターコイルの配線が写真のように破損して
いたので、コレクターを何とか手配して修理しました。
 
 
 
13
 
配線を、修理しても電圧は上がらないので、レギュレターを
交換しました。
レギュレター不良で、配線が破損した可能性があります。
 
 
 
14
 
4000回転で14.5V 直りました。
この写真撮るの難しいのです、片手でアクセル
片手でカメラ、振動でぶれているのをうまく撮る!
 
 
 
04
 
バッテリーに挟まれて、被服がめくれていました。
 
 
 
12
 
ここも修正して、掃除もしておきました。
エンジンが突然止まるトラブルは未然に防げたかな!
 

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

スロットルグリップの種類!

CS90で紅葉狩りツーリングに行ったとき、スロットルを
回すのが重く感じ分解・清掃・給油を行いました。
 
 
90018
 
CS90のスロットルケーブルは、ハンドルの中を
通っています。
 
 
 
90011_3
 
分解したら、こんな状態でした。
スロットルが重い訳だ!
 
 
 
90015
 
ハンドルに長い溝(穴)があり、プレートがケーブルを
スライドして引きます。
 
 
 
90017
 
指で動かして、動きの確認です。
ケーブルにも給油しました。ケーブル給油忘れずに!
 
 
 
90016
 
グリップの中にらせんの溝加工がしてあります。
上の写真で、指をかけている溝に、グリップの溝が
スライドして、プレートを動かします。
 
 
 
90020
 
今は、このグリップ方法は在りません!
今は、グリップにケーブルを巻き取る方法です。
CS90の方式を、巻き込みグリップと言い
今の方式を、巻き取りグリップと大昔は区別して
巻き取りグリップはスポーツバイクに使用されていました。
 
巻き込みグリップは、写真のようにスロットル開度も多く
90度以上あり、手を放してもスロットルは戻りません。
スポーティーでは、ありません!
少年時代は、巻き取りグリップに憧れていました。
 
ハンドルスイッチの配線もハンドルの中に納められて
今はスッキリしていて、好きですね!
 
 
90009
 
タンクキャップも新品に交換しました。
 
 
かみさんのアクシスがスピードが出ないとの事なので、
修理です。
 
0
 
プーリーとカラーはガタが出ていて、ウエイトは写真のように
破壊していました。
 
 
 
1
 
加速重視に、ウエイトを加工!
 
 
 
2
 
2g軽くなり、かみさんには行っていませんが!
速くなったと喜んでいました~
 
 

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

カワサキW-1エンジン作業!

カワサキW-1は、専門店(バイク屋)が少なくて、個人
オーナークラブなどから、パーツを譲ってもらいます。
お客さまにパーツを揃えてもらって作業を行いました。
 
 
02_2
 
圧縮圧力が少なかったので、ピストン交換とバルブまわり
仕上げ作業です。
 
 
 
01_2
 
バルブ研磨・シート研磨・スリ合わせなどは、SR・SRXで
なれていますので、クリアランスなどのデータが分かれば
問題なく作業が出来ます。
お客さまは、信号待ちなどでエンジンストップすると
キック始動ですので、不安が有るのでしっかりと直したいとの
依頼での作業です。
 
 
 
06_2
 
写真は、W-1のフロントブレーキスイッチです。
ブレーキケーブルに付いています。
車検整備で何処にスイッチが有るのか探してしまいました。
1971年モデルにはスイッチ付、1970年モデルは無しです。
昔のオートバイはフロントブレーキスイッチ無しでした。
もっと前はウインカーも無しでした。(手信号知らないでしょうね)
 
10月21日は、クラブSRXマンスリーに参加しますので
お休みです。
 
 
 

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

LEDヘッドライト!

日の入りが早くなりましたね!
厚木市で日の入り時刻は午後5時1分です。
暗くなるのが早くなるので、明るいヘッドライトに
変更です。
 
 
01
 
LEDランプも色々あります。安い物・高い物。
安い物は試して見ましたが使い物に、なりませんでした。
高い物はいいのでが、お手頃でないのです!
明るいライトが大好きの友達が、4輪用でお手頃の
LEDを見つけてきてくれました。
 
 
 
03
 
写真は、ゴムカバーを外していますが付きます。
こんな感じで、出っ張りますがライトケースの中には
収まります。
 
 
 
04
 
壁を照らしてライトの光軸下向きです。
 
 
 
05
 
上向きです、レーシングスタンドでリヤが持ち上がって
いますので、下の方を照らしています。
 
 
 
06
 
車が通るので左側に寄っての下向き点灯です。
 
 
 
07
 
上向き点灯です。
LEDランプは、ハロゲンランプ用ヘッドライトですと
光が散らばってしまい、あまり明るくなく対向車が
まぶしいと言うことが多いのですが、紹介いたLEDは
良く出来ていて、高い物に劣りません!
SRX・SRなどヘッドライトの基本工賃で
交換工賃込・・・・税別9.000円でどうだ!
 
 
 

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

電気系のトラブル!

01
 
10月15日伊豆一周ソロツーリングに行ってきました。
いつもソロですが!(写真は下田港です)
もう寒くなってきました、箱根十国峠などそれなりの
防寒が必要です。
 
 
 
01_2
 
エンジン始動しなくて、レッカーで入庫です。
点火系のトラブルで、エンジンが始動しない車両の
修理は、やり易いです。
プラグが点火しているか確認します。
今回のSRは点火したいませんでした。
 
 
 
02
 
イグニッションコイル・プラグキャップ・ピックアップコイル
など、点火系をテスターを使用して、基準に入っているか
測定します。
今回は、すべて問題なし!
 
 
 
04
 
キルスイッチは、OFFにしてキックをしてエンジンが始動し
ないと、勘違いのトラブルはタマにありますが、今回は
導通したり、しなかったりとキルスイッチの接触不良でした。
珍しい!
単体にして、点検しましたが接触不良は解消しませんでした。
 
 
 
05
 
ハンドルスイッチを交換して、エンジン始動バッチリ!
 
 

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

オイル漏れ!

SRXも古い車両ですので、オイル漏れ・にじみはよく
有ります。
どこが原因で漏れている箇所を見つけることから始めます。
 
02
 
今回は、お客さまがオイルタンクとエンジンの間のパイプ
から、漏ってることを確認していました。
 
 
01
 
エンジン側のパイプが錆びて変形しています。
 
 
05
 
錆びて弱くなっていたのですが、何とか取り外しました。
 
 
03
 
外したパイプと交換する新たなパイプです。
 
 
09
 
パイプを圧入するのに、狭いので工具を作りました。
 
 
07
 
こんな感じで、叩いて圧入しました。
 
 
08
 
取り外したパーツ類を取り付けて、エンジンオイル量の
点検しました。
0.3リッターぐらい多く入っていました。
エンジンオイルが多いと、エンジンの回りが良くないとか
オイルにじみなどの原因になります。
オイル交換時、2.4~2.5Lを目安に、オイルゲージで
調整しましょう。
 
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

other machine | SR | SRX | イベント | パーツ | メンテナンス | 日常