メンテナンス

2018年4月20日 (金)

キャブジョイント劣化!

Photo  
隣りのお寺の桜も終わりつつじが咲き始めました。
春ですね~
65027 65026  
先日、GR650ツーリング時に、キャブの付が少し悪いのと
アクセルを閉じるとマフラーからパンパンと音が、出ていました。
キャブジョイントが劣化して、二時エアーを吸っている可能性が
有ると思い、点検テストしましたらやはり吸っていました。
部品が在りましたので、O-リング(必ず交換)も取り寄せて
交換です。
65029 65030  
取り付け部分を綺麗に砥石で修正します(これ大事)。
65031  
取り付けスクリューが、プラスビスでしたので、締めやすい
キャップスクリューに変更しました(整備しやすい)。
Hc07  
古いSRXは必ずと言っていいくらい、キャブジョイントが
写真の用になります。
まだ部品が出ますので、一度も交換した覚えがない
オーナーは購入をお勧めします。

でわ何故、二時エアーはいけないのか!
キャブレターはガソリンと空気を良い混合比に調整します。
アクセルを全開の時は、ガソリンも空気も多く供給されます
ので、あまり影響は有りません(程度にもよる)。
謙虚に症状が出るのは、アイドリング時とアクセルを閉じて
エンジンブレーキを掛けた時などです。
アイドリング時回転が上がったり下がったり、安定しません。
良い混合比に調整しても、キャブジョイント不良のために
空気が入る込んで薄くなったりするのです。
また、アクセルを閉じて、エンジンブレーキを掛けた時は
キャブとエンジンの間は、ものすごい負圧状態になりますので
キャブジョイントが、不良ですと空気を吸い込んで、混合比が
薄くなり、マフラーからパンパンと音が出やすくなります。
アイドリングが安定しない車両、キャブジョイントに、パーツ
クリーナーを、吹きかけてアイドル回転が変化したら、ジョイントの
不良の可能性ありです。
『自分じゃ分からないよ~』と言うオーナーさん、よって頂ければ
点検しますよ!




| | コメント (0)

2018年3月30日 (金)

ステムベアリング交換!

水曜日には、お休みをいただいて、小田原城に花見に
行ってきました。リフレッシュできましたよ!
01  
車検と一緒にステムベアリングの交換作業です。
車検整備より大変ですけど!
03 04  
フロント周りをすべて取り外します。
05 07  
ステムベアリングは、上と下にセットされています。
今回は、下のベアリングによりキズ(打点)が有りました。
06 08  
写真のようにベアリングボールが、枠に収まっていますが
旧タイプは、ボールがバラバラでボールが落ちないように、
1つづつグリースを塗布してセットしていました、今も旧タイプは
バラバラです。
ステムパイプ圧入タイプのアンダーブラケットはプレスを
使用してステムパイプとアンダーが写真の用に外せます。
09  
プレスを使用して、ステムパイプとベアリングレースを
圧入して、組み立てれば完成です。
今のステムベアリングの、締め付けトルクは、数値化されて
いますので旧タイプの車両よりやり易いです。
旧タイプでは、ある程度経験が必要です、旧タイプの車両は
SRXキック・SRドラムブレーキ仕様車です。
ステムベアリングの不具合は、少しづつ悪化しますので分かり
にくい事が有ります。
例えば、低速で走行中になんだか疲れる、ハンドル操作が
なんか変だ!など。
点検は、フロントホイールを浮かせて、左右にハンドルを
動かして、センターで段付き(引っかかる)とか、ハンドル操作が
重いなど有りましたら、ご来店ください、点検いたします。
01_2  
通勤に使っている、JOGポシェに家に転がっていた、時計を
強引にネジ止めしました!



 


| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

リヤサス・リヤアームオーバーホール!

Photo  
明日3月28日は上さんと花見に行ってきますのでお休みです。
お店隣の桜は、3分咲きですかね~春ですね!

リヤサスとリヤアーム(スイングアーム)のオーバーホールです。
01 02  
先ずは、リヤサスかなり汚れていました。
オーナーは、車高を上げたいために、プリロードをかなり
かけていました。
03  
シャフトにサビのような傷がありましたので、再メッキ加工を
行いました。
05  
リヤアームのオーバーホールです。
写真のように汚れています。
06  
綺麗に洗浄して、今回はニードルベアリングの交換と
グリース塗付を行いました。
08  
車両に組み立てた写真です。
オーナーさんが、車高を上げたいとの事で、サス長を1㎝伸ばし
リヤ車高を3㎝ぐらい高くセッティングしました。
ガス圧・ダンパー・スプリングプリロードは、オーリンズ基本
セッティングに合わせておきました。
乗って頂き、車高の高さは好みに合わせてまた変更します。
リヤサスオーバーホールに合わせて、リヤアームのオーバー
ホールいかがですか、お勧めいたします。


| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

SRXメンテナンス情報!

P1080213 P1080214  
SRXキック車検依頼です。
エアークリーナーのスポンジが剥がれ初めてます。
修正して取り付けて取り付けました。
K&Nの社外フィルターが出ていますので、次回は
交換ですかね、K&Nフィルターでしたら洗えますし
プロトに注文すれば、納期はかかりますけど入荷は可能です。
1 2  
SRXキックです。
エンジンオーバーホールして30.000キロ走行です。
前回オイル交換を、行った時減りが多いように感じましたので
減る量をチェックしてみました。
1.400キロぐらいで、600ccぐらい減っています。
ビックシングルエンジンはオイル減りは有りますが、
このエンジンは多いです。
今回は、添加剤を入れて様子を見てみます。
1_2 2_2  
SRXセル車両です。
エンジンをチューニングしていますので、バッテリーが
弱くなるとエンジンがかかりません!
バッテリーをフル充電してもバッテリーが古いとエンジンが
かかりにくくなります。
チューニングエンジンですから高圧縮ですので、ウオタニさんの
SP-Ⅱを取り付けています。
ノーマルイグナイターですとノッキングを起しますので。
SP-Ⅱはセルで回した回転が低いと点火不良が出るそうです。
ノーマルイグナイターに戻すとかかりやすくなったりします。
そこで、バッテリーを強くと、リチュウムバッテリーに交換
してみました。
リチュウムバッテリーは、充電電圧が重要ですので、電圧計を
取り付けて管理しましょう。最近のSRX情報でした。




| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

パワーフィルター清掃!

そろそろバイクシーズンに入りますので、バイクのお手入れは
いかがですか!
1  
パワーフィルターは、見た目で汚れたらまめに清掃しましょう。
2  
柔らかめのはけ・ブラシでほこりなどを落とします。
3  
クリーナーをたっぷりと吹き付けて、10分以上そのまま待ちます。
4  
水道水で、内側から水をかけて綺麗に洗い流します。
絶対に、コンプレッサーなどで、エアーを吹きかけない事!
5  
完全に乾くまで、乾かしてフィルターオイルを塗布して終了です。
自然乾燥のため、2~4日かかりますので、2セット用意して
交代で、使用しているお客様がいらっしゃいます。
クリーナーキット(2.500円税抜)も販売していますので
簡単ですので、自分で清掃してみてはいかがでしょうか!


| | コメント (0)

2018年3月 1日 (木)

キャブレター作業②

キャブレター作業② オーバーフロー修理です。
01 04  
キャブレターから、突然ジャージャー漏れているのは、
フロートバルブにゴミなどが付着した時に、流れるように
漏れて、滲むような時は、フロートバルブの当たり不良です。
このキャブレターは、両方でした。
10 11  
フロート室を綺麗にして、パッキン・O-リング・フロートバルブを
交換します。
12  
フロートの高さ(油面)調整を行います。
13  
車両に取り付けて、漏れチエック・試乗して納車です。
Photo  
タンクのコックより漏れがありましたので、コックシール類も
交換しました。




| | コメント (0)

2018年2月27日 (火)

キャブレター同調調整!

キャブレター作業の番外編で多気筒エンジンのキャブレター
同調作業を紹介いたします。
1  
依頼内容は、始動性が良くない!です。
朝一、エンジン始動点検及び試乗、始動性は良くありません
でした。
2 3  
プラグ点検。
写真のように良い状態ではありませんので、交換です。
4  
キャブジョイント負圧パイプをバキュームゲージにセット
します。
5  
一番シリンダーから四番シリンダーまで、バキュームメーターで
出来るだけ、誤差が無い様に調整いたします。
翌日朝一で、エンジン始動問題なくセル一発で始動。
アイドリングも安定しました、同調も狂っていましたので
同調調整とプラグ交換で大変良くなりました。
多気筒キャブレターの調整も出来る お知らせです!


| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

キャブレター作業続く①

いやいや数年ぶりに風邪にかかってしまいました(インフルでない)
22.23日と2日間寝込んでしまいました。
おかぜ様で、夏目雅子の映画ケーブルTVで見られました。
キャブレター関係の作業依頼が、3件ありますので紹介します。
P1080238 P1080241  
SR400にCR33φキャブ交換です。
SR用CR33φキャブはハヤシカスタムオリジナルですので
セッティングはほとんど出してあります。
先ずは、ジェット類・ニードル・アイドルスクリューの交換と
キャブジョイントに入るアダプターを、年式に合うように加工
して取り付けます。
P1080242  
キャブ組み立て後、ノーマルキャブと交換します。
CR33φキャブの方が、1㎝ぐらい全長が長いのでキャブと
エアークリーナーBOX間の、ゴムパイプをカットして取り付けます。
スロットルパイプもノーマルから、アクティブスロットルパイプに
交換します、少し加工が必要です。
P1080243  
試乗して、セッティングを確認します。
今回、アクセル開け始めが少し薄く感じたので、ジェットニードルを
1段濃い方向にセッティングしてOKでした。
プラグの焼け具合を確認して、納車です。
Photo  
次は、FCRキャブのオーバーフロー修理作業で、FCRキャブ
セッティングと続きます。







| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

チェーン交換は3点セットで!

二月も中旬暖かな日が多くなってきました、これからは
だんだんと暖かくなってきますね~

ドライブチェーン・フロントリヤスプロケット交換は、3点セットで
一度、チェーンだけを交換したことがあります、すぐに
伸びてしまい、結局また3点セットで交換した経験があります。
1 2  
写真は、リヤスプロケットの片減りです。
フロントとリヤのスプロケットのセンターが出ていないと
写真のように、ずれている側が減ります。
原因は、リヤスプロケットのオフセットが逆に取り付けて
いたからです。
3  
皆さんは、チェーン調整はどのように、行っていますか?
私は、スイングアームに刻んである印で合わせています。
チェーン引きで合わせると言う一般的な方法です。
調整後、フロントとリヤスプロケットがまっすぐに調整出来て
いるか、チェーンを指で張って後方から確認します。
サーキットで、チェーン調整をリヤタイヤとフロントタイヤが
まっすぐになるように、後方からリヤとフトントタイヤを見ながら
調整しているライダーがいました聞いてみると。
『チェーン引きは当てにならないから』との事!
私は、この方法がよく分かりません。
フロントタイヤは走行中は進行方向に向いていますが
止まっているときは、進行方向に合わせるのは、難しい
ですよね!
どうやって合わせているのか?ご存知の方いらっしゃいましたら
教えてください!
やはりサーキットで、ゲージを使用してスイングアームシャフト
センターとリヤホイールシャフトセンターをゲージで合わせて調整
していました。
いろいろな方法がありますね!
でも、大事なことはチェーンの遊びの調整です。
張り過ぎもダメ・たるみ過ぎもダメちょうどいいところで調整!


| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

ガスケット剥がし!

安全運転!
右折車線に入る手前から渋滞していたので、右側を徐行して
右折しようと走行中、軽トラックが右側に出てきて、軽トラ
ミラーと私のジャンパーがかすりました。
ヒヤッとしました。無理せず安全運転ですね~

34 36  
長く開けていないエンジンのガスケット剥がしって大変ですよ
スクレッパーでだいたい剥がします、ガスケットのカスが
ケース内に入ります。
ガスケット剥がしリムバーを使うと、少しは楽になりますが
このエンジンは、塗装済みですのでリムバーは塗装も
剥がしますので、今回はスクレッパーで剥がしました。
38 41  
ケース内に入った、カスを綺麗に洗浄台で洗い流します。
砥石で、合わせ面をガスケットが無くなるまで綺麗にします。
39 40  
古い車両のエンジンですので、ゴム類の劣化が考えられますので
オイルシールなどは交換です。
これらの作業は地味ですが、これが大切なのです、後から漏れなど
無い様にね~




| | コメント (0)

より以前の記事一覧