other machine

2019年1月26日 (土)

ハイラックスサーフにフォグランプ付きました!

サーフにフォグランプを取り付けた訳は!
 
12
 
サーフも20年を超えて、ライトが暗く感じるようになり
HIDバルブを取り付け大変明るくなりましたが、HID・
LED用ライトで無いので、対向車からパッシングをされ
トレーラーを引くと、余計に前が上がり前を走る車にも
迷惑をかけていました。
手前を明るく照らしてくれるフォグランプが有れば、
ヘットライトを付けなくてもOKかなと思ったのです。
 
001
 
外付けのフォグランプもと、思いましたが手間は
かかりますが、価格が3分の1ぐらいのトヨタ用社外
フォグランプと明るい36WLEDバルブの組み合わせに
しました。
 
 
 
012
 
取り付けには時間がかかりましたが、何とか
付きました。
 
 
013_2
 
フロントタイヤの前に取り付けましたので、塩ビの
カバーで覆っています。
 
 
020
 
運転席のスイッチもうまく納まりました。
 
 
 
015
 
ヘッドライトロービーム点灯の写真です。
バルブは、LED36WH4に換えています。
 
 
018
 
ロービームとフォグランプ両方点灯した写真です。
 
 
019_2
 
フォグランプのみ点灯の写真です。
これなら、前の車に迷惑もかけず、サーフの前方下は
明るく、走行に問題はありません!
めでたし!めでたし!
 
 

| | コメント (1)

2019年1月25日 (金)

NS250改!

 
2501
 
ハヤシカスタムでカスタムしました、NS250Fです。
今回は、ブレーキパットの交換とマフラーエキパイ部分
から、排気漏れでガスケット交換です。
 
 
2502
 
写真のようにギリギリまで使用しています。
キャリパーモミだし清掃とブレーキフリュードの
交換を、行いました。
 
フロントフォークもスズキガンマ250に変更してい
ますので、キャリパーも違いますので、オーナーに
車種・年式を聞いての、パットの注文です。
 
 
 
2505
 
写真は、交換後の写真です。
エキパイ回りが、排気漏れで汚れていましたので
脱脂・清掃を行いました。
 
 
 
2506
 
取り付けているのは、NSの社外マフラーです。
隙間を潜り抜けて、取り付けています。
純正エキパイガスケットはもう販売中止です。
社外マフラーですので、純正品が合うかも分から
ないので、合うガスケットを探して交換しました。
 
 
 
Photo
 
TZ250ホイール用ハヤシカスタムオリジナル
ハブダンパーです。
シンブルレースに参戦していた頃の製品です。
数セット製作して、2セット残っていました。
 
 
1_2
 
TZ用ハブダンパーには、SRXのスプロケットの
内径を加工すれば、取り付きます。
 
内径加工ですが、だだ旋盤にセットして加工しては
いけません!
写真のように旋盤は3か所でくわえています、スプロケットの
歯数が3で割れる歯数でしたら、旋盤にセットしても
スプロケットの内径は、振れずに加工できます。
でも今回の歯数は、41Tですから3で割れません!
 
なま爪と言う、工具をセットしてスプロケットの外径に
合わせて、スプロケットの内径が振れないようにして
加工します。
ただ内径を、削るだけではないのです。
 
 
2
 
ハヤシカスタムオリジナル油圧クラッチシリンダーです。
刻印は、私がハンマーで一つづつ叩いています。
 

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

断捨離がね~

台風13号は、神奈川県直撃は、免れたようですね。
 
ニッパチ(2月・8月)は商売が良くないと言われますが
この暑さではオートバイに乗らないですよね!
 
そんなことで、仕事がうすい時に片づけを行います。
もう 3日やっているのにまだ終わりません。
 
2  
SRX・SRシリンダー・ヘッド・クランクケース使えるものを
 
P1080870  
点検して写真に撮って、管理します。
 
1  
捨てる物です。
 
4分の1ぐらいですね、2分の1は捨てないとね!
なかなか断捨離できません!
 
なかなか進まないので、今日は遅くまで片づけです!
 
 

| | コメント (1)

2013年3月 3日 (日)

ベスパ125ET3!

3月に入りました。寒い日、暖かい日があり

梅の花も咲きもう直ぐ春ですね!

1 2  

ベスパ! 団塊の世代より上なら『ローマの休日』

下なら、『探偵物語』ですかね~

私の好きな車両の1台ベスパビンテージシリーズの

125ET3(中古車)です。

ベスパ50Sを75ccにボアアップして乗っていた

事は有りますが、125は初めてです。

75ccも良く走りましたが、125cc方が排気量も

多いので、より良く走ります。

4  

ベスパはシンプルなのです。

バッテリーレスで、ウインカーはハンドル端っこに、

付いています。

6  

ベスパには、オイルポンプなどありません!

ガソリン給油時に、カップにオイルを入れて混合

します。カップには、1Lごとにメモリが有り

ガソリン3Lなら3メモリ、5Lなら5メモリ

オイルを入れます。これがまた好い!

3  

ベスパの特徴、ハンドルチェンジです。

クラッチを握りグリップを回してギアを替えます。

慣れると、オートマスクーターより楽しく走る事が

出来ます。これもまた好い!

7  

ベスパのメンテナンスは、面倒くさそうで

そうでもないのです。

右ベスパのクラッチワイヤーです。

ベスパの、ワイヤー交換はインナーのみ交換です、

切れたワイヤーを、抜き出し新たなワイヤーを、スルスルと

入れての交換です。

5  

シンプルなのに、スペアタイヤが付いています。

オシャレでしょ!

前に、変わったスクーターが(ランブレッタのような)

希望のお客様に、ベスパ50改を乗りなれると面白いし、

飽きないからと勧め、喜んでいただいた事がありました!

乗ること・操る楽しさを教えてくれる1台です。

話変わって、

027  

XT500リヤキャリアステー軽量加工しました。

丸穴はホルソーで、変形穴はノコ歯が回るコンターで

加工します。

1_2 2_2  

また、話変わってフライホイールが回されて傷が付いた

クランクシャフトです。修正して綺麗になりました。

クランクシャフトは焼入れして硬く、フライホイールは

焼入れ処理がされてなく、回されてかじっても、

クランクシャフトにフライホイールのかじり鉄が

付くだけなので、修正で綺麗になるのです。

 

 

| | コメント (1)

2013年1月27日 (日)

シングルレーサー ガリーナ!

1 2  

寒いですね!

水道が凍ります、建物の中は大丈夫ですが

北側の外水道は凍ります。

溶接機が水冷なので、朝一番外水道凍っていると

溶接機が使えません! そこで凍らない対策です。

 

本題のシングルレーサー・ガリーナのお話!

1_2 2_2  

なみぞぅさんのガリーナです。

アンダーブラケットにクラック(割れていた)を

発見したので、製作のため取り外しました。

(なみぞぅさん作業)

ガリーナのアンダーブラケットは、鋳造マグネシューム

削りだしパーツより鋳造物の方がクラックが入りやすい

ですね!ロードボンバーのアッパーブラケットも

鋳造アルミでしたのでクラックが入っていました。

(両方ともかなり古いのでしかたないかも)

 

ガリーナは、ステム回りに工夫がありセッティンの

変更が出来ます。

3_2 4_2  
 

フォークとステムパイプの位置変更が可能です。

左側写真上、アッパーブラケットセンターに、

オフセットカラーがセットされています、写真では

フォークとステムが離れたセッティング仕様で

オフセットカラーを180度回転させれば、近い位置に

セッティング出来ます。

アンダーブラケットの方は、右側写真ステムパイプを

変心加工して180度回転させて位置変更を可能にしています。


フォークとステムの距離変更は、ホワイトパワーサスなどで

良く使う方法ですが、キャスター角度を変更できる機能は

始めて見ました。

5 6  

左側写真、ステムに変心したベアリング受皿を回せるように

セットされています。

180度回転させて、キャスター角度を変えられるのです。

右写真右側が、ガリーナに使用している、樽型ベアリングです。

樽型ベアリングが上下にセットして、キャスター角変更に

対応しているのです。

さすが、ヨーロッパ転戦するレーサー、コースなどに合わせて

フォークオフセットやキャスター角を変更できるよう、製作

されているのですね!

なみぞぅさん情報ですと、ヨーロッパではシングルレースが

行なわれていて、ヤマハのSZR水冷660CCエンジンを

使用し、オリジナルフレーム載せたレーサーが多いようです。

ガリーナもまだドイツで参戦しているそうです。

このレーサーのフレームナンバーが1番、ドイツのガリーナが

3番だそうです。

 

Ns  

写真は、NS250のSPタダオの古いチャンバーで

サビを、落としたら穴があいていました、古いマフラーには

気をつけましょう!

 

Photo_2  

お世話になっている顧客のお客様に、スペースを提供いたします。

オートバイ以外の趣味に使用してもOKです。

皆でワイワイ遊びに使って下さい。

 

| | コメント (1)

2011年2月 8日 (火)

TX650Ⅱ型!

Photo_2  

写真は1975年と1981年の

ヤマハTX650ⅡとモトグッチルマンⅡです。

どちらも美しいエンジンのカッコをしています。

見ていて厭きませんね。

 

私が、本橋ヤマハ(現モトコ)さんで修行中のころ

よくいじらせていただいた車両です。

Photo_3

バーチカルツイン・360度クランク・ポイント点火

CVキャブ懐かしいな~。

ヤマハ(XS-1)が1970年に初めて世に出した

4サイクルエンジンです。

 

タンク形状も昔の2サイクルモデル、RX・RDと

同じ形をしていてヤマハらしいスタイルのオートバイです。

かみさんが、「このオートバイ(TX)SRに良く似て

いるわね~」

『おいおい、SRが似ているのだよ』

 

TX650も飽きのこないオートバイです。

 


| | コメント (0)

2010年7月 6日 (火)

ロードボンバーXⅡ改レース初参戦!

1 48  

20年近く眠り続けたボンバーXⅡ改(カワセミ号)

が復活しました。

52 57  

私は一度も乗っていなかったので、心配でしたが

練習走行・予選・決勝とノートラブルで走りきり、

なんとクラス2位の成績を上げ、HD氏も大いに喜んで

くれました。

 

これで終わった訳ではありません、次回9月5日の

レースまでに、もう少し仕上げるところがあります。

まだまだ休日出は続きます!!!

 

只今参加しているMCFAJのレースは

ほのぼのとしていて、いろいろなバイクが走りますので

面白いですよ ツーリング気分でどうですか!

 

ボンバーXⅡ改『カワセミ号』の応援もよろしく!


Photo  

数年ぶりに工場出入り口にツバメが巣を作りました。

前回、ヒナは巣立ちませんでしたが、今回は少し

協力してシャッターの開け閉めの静かにして

4分の1程度閉めて置きました。

巣立ってくれると良いのですが!

 

| | コメント (2)

2010年6月22日 (火)

休日出勤!

Photo  

写真は、『あの』ロードボンバーⅡ改です。

ボンバーⅠはXT500エンジン(SR500)

ボンバーⅡはXL500エンジン

そしてボンバーⅡ改はSRX600エンジンです。

ボンバーⅠ・Ⅱは鈴鹿8耐に参戦して話題にも

なりました。

ボンバーⅡ改はボンバーⅡの車体にSRXエンジンを

載せ、次回耐久レースに向けたテスト車です。

 

ロードボンバーⅡ改を!

只今7月のレースに向けて再生中です。

(私が走るのではありません)

さすが、20数年放置していただけにもう大変です。

整備と言うよりレストアです。

仕事が詰っていますので休みの日に作業です。

休日3日間でここまで出来ました、まだやる事は

いっぱいありますが、なんとか間に合わせようと?

努力していきます。

 

| | コメント (1)

2010年6月 8日 (火)

モトグッチルマンⅡ 足回り!

モトグッチルマンⅡの足回りは?

Photo  

フロントフォークは、路面の良い所は問題なく

コーナリングするのですが、少しでもギャップが

あると、跳ねたり・降られたりと落ち着きません。

古い外車を扱っている知り合いのショップは、

モトグッチのフォークは、カートリッジタイプで

すぐ抜けてしまうらしく、ASSY交換になるとの

こと!

え~オリフィスタイプだと思い、フォークオイルの

番定と油面を聞きに来たのに!

細いフォーク径に(SRより細い)カートリッジを

入れているとは!う~イタリアだな

 

自分で納得しないと気がすまない私は

フォークを分解して、カートリッジが抜けているか?

カートリッジは分解できないのか?

オリフィスタイプフォークに改造できないか?

調べて見るつもりです。

今は時間が無くて出来ないけどね!

Photo_2  

リヤサスはコニー製に交換してあります。

プリロード最弱でも私には硬すぎです。

スプリングを選べる社外サスにするか?

スプリングのみ製作するか?

もともと、ルマンⅡはツアラーですので

両サイドにバックを取り付けて、いつかは

安くなる高速道路専用ツアラーとして、付き合って

行くか?

色々考えているときが、ホント楽しいですね!

まあ~ 時間をかけて仕上げていくつもりです。

 

| | コメント (2)

2010年5月14日 (金)

当たってしまいます!

1  

お客様が購入した、ヤマハR1-Z用アルミ

スイングアームです。

ノーマルの鉄からアルミへ、車高も変えられるので

買ったそうです。

しかし、ノーマルの高さで写真のように当たっています。

当たらないように、加工依頼です。

2 3  

スイングアームを取り外し固定して、作業開始です。

リューターで少しずつ削って、車体に取り付けては

当たらないところまで削り、フタを溶接するので

大きめに削り込みます。

4 5  

アルミの材料(溶接に向いている材質の物を選ぶ)を

パイプ状に加工して、アールを合わせて溶接します。

ペーパーで仕上げて、ペイントして組み立て、試乗して

完成です。

 

お客様もまさか干渉するとは思っていませんもね!

でもこれで完璧です。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

other machine | SR | SRX | イベント | パーツ | メンテナンス | 日常